堀井雄二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
堀井 雄二
Yuji Horii (2).jpg
誕生 (1954-01-06) 1954年1月6日(66歳)
兵庫県洲本市
職業 ゲームデザイナー作家
国籍 日本の旗 日本
最終学歴 早稲田大学第一文学部
代表作 ドラゴンクエストシリーズ
テンプレートを表示

堀井 雄二(ほりい ゆうじ、1954年1月6日 - )は、兵庫県洲本市出身のゲームデザイナー作家、アーマープロジェクト代表取締役。早稲田大学第一文学部卒業。『ドラゴンクエストシリーズ』の生みの親、シナリオライターである。愛称は「ゆうてい(ゆう帝)」。

経歴[編集]

生い立ち[編集]

実家は淡路島の洲本市街地で堀井ガラス店というガラス屋を営んでいた[1]。幼少時は弁護士志望だったが、中学時代に漫画家志望に転換。

兵庫県立洲本高等学校時代は漫研に所属していたが、水泳部、ブラスバンド部(サックス担当)、さらに生物部、茶道部を掛け持ちしていた。この頃は、本気で漫画家になるつもりだったという。夜更かしが多くなり、遅刻の常習犯になった。自宅から学校まで自転車で5分くらいの距離だったにもかかわらず、高校2年の成績表を見ると出席日数210日のうち、197日遅刻しているほどだった。

高校3年の夏休みに永井豪の仕事場にアシスタント入りを志願しようと原稿を持って行くが断られ、「とりあえず大学にでも行くか」と受験勉強を始めた。早稲田を受けた理由は、漫画家志望で文学部が妥当だが歴史が不得手で、得意科目であった数学が受験科目にあるためと後に語っている[2]

早稲田大学進学、ライターの道へ[編集]

1972年早稲田大学第一文学部に入学。早稲田大学漫画研究会に入部し、同世代に国友やすゆきえびなみつる、大川清介がいる[2]。その後、同年11月に起こった事件(川口大三郎事件)により、大学がロックアウトにより1年間休校になった[2]。堀井は「身分は学生なのに、授業に出なくてもいい。この環境は、高校を出たばかりの少年を呆けさせるのに十分だった」と語っている[3]

1974年頃にある出版社から「早稲田の漫研の事を書いてほしい」というオファーを受け、1975年に漫研の仲間(えびなみつるや柳澤健二)らとともに2冊の書籍を執筆したのをきっかけにフリーライターとして活動を始める。さくまあきら(当時立教大学の漫研に所属していた)とはこの頃からの知り合いである。また冒険グループ名義で書いた『いたずら魔』はテレビ業界に注目され、一時期放送作家的なこともしていたという。

1976年にバイク事故で内臓破裂の重傷を負い、3ヶ月の入院後、帰郷し療養生活を送る。また、この間に半年休学した[2]1978年早稲田大学を卒業。生活が十分成り立っていたという理由でフリーライターとして活動を再開する。この頃、さくまの紹介で鳥山明などを担当する『週刊少年ジャンプ』の編集者である鳥嶋和彦と知り合いゲーム仲間になり、毎晩遊びまわっていたという。

1980年から『月刊アウト』(みのり書房)で読者投稿コーナーの一つを担当[注 1]。月刊アウトの投稿者管理[注 2]のためにパソコンの導入を図ったが、パソコンゲームにはまり、のちに自作をはじめる。

ゲームクリエイターに転業[編集]

1982年から『月刊アウト』で担当の読者投稿コーナーを「ゆう坊のでたとこまかせ」にリニューアルし、人気を博す。同年、鳥嶋からエニックスの第1回ゲーム・ホビープログラムコンテストの取材を依頼されたのを機に、自らもPC-6001で自作した『ラブマッチテニス』を応募し、入選プログラム賞を取る。コンテストの授賞式で森田和郎中村光一と知り合う。

1983年にパソコンのアドベンチャーゲームポートピア連続殺人事件』を手がけ、ゲーム界に名を知られるようになる。この年、エニックスは堀井雄二や中村光一らを、アメリカで開催されたアップル関連の見本市「アップルフェスト」に派遣している。

続く1984年には『北海道連鎖殺人 オホーツクに消ゆ』、1985年には『軽井沢誘拐案内』を発表。

1985年から『週刊少年ジャンプ』で「ファミコン神拳」というコーナーを、ゆう帝というペンネームで、1986年からは『ログイン』でゲームに関するエッセイの連載を持つ。また、1985年にさくまが中心となって創刊された新人漫画家発掘誌『マンガハウス』に編集者として関わったほか、読売新聞でゲームに関するコラムを短期連載し、『ラブマッチテニス』の賞金で買ったAppleII互換機でハマった『ウィザードリィ』を紹介している。

ドラゴンクエストの制作[編集]

1986年に「ファミコン初の正統派RPG[4]」である『ドラゴンクエスト』を発表。同作品はシリーズ化され、1988年に発売された第3作『ドラゴンクエストIII そして伝説へ…』は社会現象と呼ばれるほどの人気を獲得。日本においてゲームマニアがパソコンでするジャンルというイメージが付いていたRPGが、家庭用ゲーム機の主要ジャンルになるという劇的なパラダイムシフトを起こした。

また、『III』のヒットはゲームクリエイターという職業が注目されるきっかけ、あるいは過去の人物の再評価のきっかけを作り、堀井は『III』のヒットを機に職業をフリーライターからゲームクリエイターに改めた。以後、ドラゴンクエストシリーズの制作を主軸に活動することになる。

洲本名誉市民に[編集]

2008年9月24日ふるさと納税の制度を利用して洲本市に950万円を寄付している[5]。以降も毎年洲本市にふるさと納税を行い、合計1億円を寄付している。[6][7]

2010年9月に行なわれた東京ゲームショウ2010の「日本ゲーム大賞」にて「経済産業大臣賞」を受賞した[8]

2017年12月20日、洲本市議会は堀井を洲本名誉市民に選定することに同意し[6][7]、翌2018年2月11日、正式に名誉市民号が授与された[9]

人物[編集]

  • 性格は温和で謙虚であることで知られているが、プレイヤーとしてゲームを見る目は非常に厳しく、「ファミコン神拳」の初期は特にそれが顕著であった。当時はゲーム業界がまだ未成熟な時期であり、メーカーからソフト提供がなく自費で購入していたため、遠慮のない辛口コメントをする事が可能だった。
  • フリーライター時代の経験や劇画村塾で学んだ経験から「文字数の制限がある中で、語るべき事を的確に表現する」という技術を会得しているが、堀井の文章はそれに加えてユーモアを含んだ節回しを最大の特徴としており、ファンに「堀井節」と呼ばれて親しまれている。
  • フリーライター時代にはゲーム製作のほか、本田一景の名義で漫画原作も手がけていた。ドラクエのコミカライズの際には監修としてクレジットされることが多い。
  • 酒は一切飲めない。

エピソード[編集]

  • テレビゲーム『いただきストリート』は、さくまあきらと「お互いにボードゲームを1つ作ってみよう」ということになり、堀井がデザインしたもの。ちなみにさくまは『桃太郎電鉄』をデザインした。
  • 「ゆう坊のでたとこまかせ」が単行本として出版された際、特別付録として「ゆう坊のゲームデザイナー入門」を書き下ろし、実際に『ドラゴンクエスト』のデザインに使われた用紙まで掲載された。このコーナーは、「ゲームデザイナーの仕事が忙しすぎて、時間がとれなくなった」との理由で、『アウト』廃刊より先に連載終了している。「気がついたら副業が本業に代わっていた」を地で行った1人である。
  • 「月刊OUT」1982年10月号の「ゆう坊のでたとこまかせ」で、「敬老の日記念」として「(読者が高齢者となる)60年後」をテーマとした際、読者の提案により「元気でいたら2042年8月27日[注 3]午後3時に国鉄御茶の水駅に集合しよう」という「約束」を記し、その後もことあるごとに「でたまか」の中で告知が行われていた。「月刊OUT」休刊後も一部の読者には記憶されており、「中間点」となる2012年8月には「アウシタン同窓会2012」が新宿ロフトプラスワンで開催された[10]。なお2014年9月に太田出版から刊行された「超超ファミコン」には堀井のロングインタビューが掲載されており、その中で「この約束は現在も有効です」と明言している。
  • さくまあきらを始めとする、業界の友人たちとの宴会の席では、「おまえいつ落ち目になるんだ?」とか「えびなみつる! おまえの絵古くなってきたぞ」と互いに悪口を言い合うという。でもそれは「有名になって、お世辞しか言われなくなった友人に対する愛の忠告」で、「いざ仕事がなくなった者でも出ると、友人みんなで助ける。だからみんな業界で生き残っているのだ。」とさくまあきらは語っている[11]
  • 早稲田大学時代は漫研に所属していたが、当時影響を受けていた漫画は『ガロ』系のものであり、自身のゲーム等では絵を描くことはないが、ドラクエのイラスト下絵などでその才能の片鱗が伺える。さくまあきらのゲーム製作10周年記念作品『怪物パラ☆ダイス』では、お祝いメッセージと共にゲームで登場するボスモンスター「トンテンカン」のデザインを提供した。その独特の味のある画風は、さくまをして「学生時代のまま漫画家を目指していたら、今頃彼はどうなっていたのだろうか?私もだ…(笑)」と言わしめた。ちなみに実際のゲーム中では、出現率が低い上に対人戦でないと出ない、実質的な隠しキャラクターとなっている。
  • 画力について、さくまの別インタビューでは「堀井くんはあまり絵が上手じゃないんですよ。本当は漫画研究会の周辺でも一番漫画が上手かったくらいなんだけど、事故で描けなくなっちゃったんです。堀井くんがライターの道に進んだのは、それからだったんですね」との言及もある。[12]
  • 友人のさくまあきらが『ドラクエ』のヒットに便乗して堀井の本を出版しようとするが、「ドラクエの本なら売れるがわしの本は売れん」と堀井が発言し結局中止になった。後年、さくまは堀井の発言一つで取りやめた事を後悔する発言をしている[13]

作品[編集]

その他[編集]

  • キンキキッズトークライブ(原作、監督)

連載[編集]

著作[編集]

タイトル 出版 備考
1975 おならのブルース KKベストセラー 早稲田大学漫画研究会名義
1975 いたずら魔 冒険グループ名義(早稲田大学漫画研究会)
1976 いじわる特許許可局 日本文芸社 うさぎやトライアングル名義(早稲田と立教の漫研)
1977 マンガの学校 KKベストセラー 早稲田大学漫画研究会名義(おならのブルースの改題)
1984 いきなりパソコンがわかる本 二見書房
1988 堀井雄二のコンピュータ・クエスト 二見書房
1990 虹色ディップスイッチ ビジネス・アスキー
1990 ゆう坊のでたとこまかせ みのり書房



原著[編集]

  • ドラゴンクエスト30thアニバーサリー ドラゴンクエスト名言集 しんでしまうとは なにごとだ!(スクウェア・エニックス、2016年)

漫画原作(本田一景名義)[編集]

雑誌監修[編集]

漫画監修[編集]

映画監修[編集]

テレビ・ラジオ出演など[編集]

参考文献[編集]

  • 堀井雄二『虹色ディップスイッチ』(ビジネス・アスキー、1990年)
  • 滝田誠一郎『ゲーム大国ニッポン神々の興亡』(青春出版社、2000年)
  • ゲーム・マエストロ VOL.1 プロデューサー/ディレクター編(1)(志田英邦著、毎日コミュニケーションズ発行) - 堀井のインタビューを収録。
  • ゲーム・マエストロ VOL.2 プロデューサー/ディレクター編(2)(同上) - 初期『ドラクエ』でディレクションやプログラミングを手がけた中村光一のインタビューを収録。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 同誌は読者投稿が大きな柱となっていたため堀井だけではなく、OUT編集部も含めた複数のライターが読者投稿コーナーを連載担当していた。
  2. ^ 投稿が採用されると番号が与えられ、ポイントを貯めるとグッズが贈られた。
  3. ^ この日付は掲載号の発売日からちょうど60年後に当たる。

出典[編集]

  1. ^ ドラゴンクエストミュージアム、堀井氏の故郷・洲本で開幕” (2017年7月17日). 2018年1月24日閲覧。
  2. ^ a b c d 堀井雄二インタビュー(前編)”. 早稲田大学 (2016年8月3日). 2016年8月18日閲覧。
  3. ^ 堀井雄二『虹色ディップスイッチ -ファミコン業界クエスト-』(1990年、ログインブックス) p.123 - p126。
  4. ^ 堀井雄二『虹色ディップスイッチ -ファミコン業界クエスト-』(1990年、ログインブックス) p.26。
  5. ^ 「ドラクエ」の堀井雄二さん、洲本市にふるさと納税 神戸新聞 2008年10月7日付 2009年7月31日閲覧。
  6. ^ a b すもと市議会だより46号 (pdf)”. 洲本市市議会事務局. p. 2. 2018年1月24日閲覧。
  7. ^ a b ドラクエ生みの親、名誉市民に”. 毎日新聞 (2017年12月21日). 2018年1月24日閲覧。
  8. ^ DQIX情報ブログ2010年9月16日「経済産業大臣賞&ベストセールス賞受賞!」より。 2012年6月28日閲覧。
  9. ^ 「淡路島の野山がドラクエの元に」 兵庫・洲本市、堀井さんに名誉市民称号”. 産経新聞 (2018年2月11日). 2018年2月12日閲覧。
  10. ^ [1] 2012年12月26日閲覧。
  11. ^ 『チョコバナナ』6巻p18より。
  12. ^ 「どんな子供でも遊べなければいけない」 黄金期のジャンプ編集部で叩き込まれた“教え”が生んだ大ヒットゲーム「桃太郎電鉄」
  13. ^ 『さくまあきらの正体』(ビー・アール・サーカス刊)より。

関連項目[編集]