堀尾吉晴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
 
堀尾吉晴
Horio Yoshiharu.jpg
堀尾吉晴像(春龍玄済賛、春光院蔵)
時代 戦国時代 - 江戸時代初期
生誕 天文12年(1543年
死没 慶長16年6月17日1611年7月26日
改名 仁王丸、小太郎(幼名)、吉晴
別名 茂助(仮名)、可晴、吉定、吉直、帯刀先生
戒名 法雲院殿前楓松庭世栢大居士
円成院高堅世肖居士
墓所 京都市右京区花園妙心寺塔頭春光院
島根県安来市広瀬町の巌倉寺
和歌山県高野山奥の院
官位 従四位下帯刀長
幕府 江戸幕府
主君 織田信長豊臣秀吉秀頼徳川家康秀忠
氏族 堀尾氏
父母 堀尾泰晴
兄弟 吉晴、次郎助、氏光
大方殿
金助忠氏、氏泰、石川忠総正室、
堀尾因幡室、野々村河内室、
池田備中守室、平井権左衛門室、蒲生弥五右衛門室
テンプレートを表示

堀尾 吉晴(ほりお よしはる)は、安土桃山時代から江戸時代初期にかけての武将大名豊臣政権三中老の1人。

生涯[編集]

織田信長の時代[編集]

堀尾吉晴の生誕地跡にある八剱社
稲葉山城の間道に秀吉を案内する堀尾吉晴(『新撰太閤記』 歌川豊宣画)

天文12年(1543年)、尾張国丹羽郡御供所村(現在の愛知県丹羽郡大口町豊田、及び御供所)の土豪である堀尾泰晴(吉久、泰時)の長男として生まれた[1]。父は尾張上四郡の守護代・岩倉織田氏(織田伊勢守家)の織田信安に仕えて重職にあり、同じく同氏に仕えた山内盛豊山内一豊の父)とともに連署した文書が残っている。

当時、岩倉織田氏は傍流である織田弾正忠家の織田信長に圧迫されており、吉晴は永禄2年(1559年)、初陣である岩倉城の戦いで一番首を取る功名を立てたものの、岩倉織田氏が滅亡したため父と共に浪人となった[1]。その後、尾張を統一した信長に仕え、間もなくその家臣の木下秀吉(豊臣秀吉)に付属された[1]

以降は秀吉に従って各地を転戦し、特に永禄10年(1567年)の稲葉山城攻めでは、織田軍の稲葉山城に通じる裏道の道案内役を務めたといわれている。天正元年(1573年)には、近江国長浜の内に100石を与えられた。その後も武功を挙げ、播磨国姫路において1,500石、後に丹波国黒江において3,500石に加増された。

豊臣家の時代[編集]

天正10年(1582年)の備中高松城攻めでは、敵将・清水宗治の検死役を務める。山崎の戦いでは秀吉の命令で堀秀政中村一氏とともに先手の鉄砲頭として参加。天王山争奪の際に敵将を討ち取るという功績を挙げ[1][2]、丹波国氷上郡内(黒井城)で6,284石となる[3]

天正11年(1583年)、若狭国高浜において1万7,000石に加増[2]、天正12年(1584年)には2万石に加増された。天正13年(1585年)、佐々成政征伐に従軍。田中吉政中村一氏山内一豊一柳直末らとともに豊臣秀次付の宿老に任命される。また所領も若狭国佐垣(佐柿、現在の福井県三方郡美浜町)2万石に移封され、わずか60日後の閏8月には近江国佐和山滋賀県彦根市周辺)に4万石を与えられて移封された[2]。ただしこのように頻繁に所領を移されているため、佐垣では実際の所務(徴税権)などは無かったとされている(『堀尾家記録』)。また近江の要衝に所領を移されているため、吉晴は秀吉の信任を得ていたようである[2]

天正15年(1587年)の九州征伐にも従軍し、正五位下帯刀長に叙任された。

天正18年(1590年)の小田原征伐にも従軍。秀次の下で山中城攻めに参加。この役の途中でともに出陣した嫡子・金助が戦傷死している。小田原開城後は、これらの戦功を賞され、関東に移封された徳川家康の旧領である遠江国浜松城主12万石に封じられ[2]、豊臣姓も許された。この頃、秀次から独立した立場になったためか、後の秀次事件には連座していない。この後、九戸政実の乱にも従軍して功があったという。

秀吉の晩年、中村一氏や生駒親正らとともにいわゆる「三中老」に任命されたと伝えられていた。しかしながら、現代の研究水準では、三中老は後世に作られた実在しない制度とされている[4]

関ヶ原[編集]

慶長3年(1598年)の秀吉死後は徳川家康に接近し、石田三成前田利家ら反家康派との調整・周旋を務めた。慶長4年(1599年)2月5日付で家康の重臣・井伊直政が吉晴に対して周旋に対する感謝状を贈っている[5]

そして老齢を理由に慶長4年(1599年)10月1日、家督を次男の忠氏に譲って隠居した。その際、家康から越前府中に5万石を隠居料として与えられている。これは家康から知行を与えられた最初の例である[5]

慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いでは東軍に与した。家康が会津征伐に赴く際に浜松において忠氏と共に歓待し、家康に従軍を求めた。しかし従軍は忠氏のみでよいとして、吉晴には越前への帰国を命じられた[5]

その帰国途上の7月、三河刈谷城主・水野忠重美濃加賀野井城主・加賀井重望らと三河国池鯉鮒(現在の愛知県知立市)において宴会中、重望が忠重を殺害した[6]。吉晴も17か所の槍傷を負ったが[5][6]、重望を討った。なお、吉晴の菩提寺である京都市春光院に残る吉晴木像には左頬に深い傷跡が彫りこまれており、この際の傷ではないかと推測されている。また、事件の際は殺害現場を見た忠重の家臣に殺害の主犯と勘違いされたという逸話も伝わる[7]

このため9月の本戦には参加できずに越前に帰国した[7]。代わって出陣した忠氏が戦功を賞され出雲国富田24万石に加増移封された[6]。なお、吉晴は密かに近江、北国の情勢を家康に報せていたともされている。

江戸時代[編集]

慶長9年(1604年)、豊臣姓を下賜されている[8]

同年、忠氏が早世する。家督は孫の忠晴が継ぐが、幼年のためその後見役を務めた[6]。また同年、隣国伯耆国米子の中村家における御家騒動(横田騒動、または米子騒動)においては、中村一忠の応援要請を受け、応援出兵して騒動を鎮圧している。

慶長16年(1611年)、松江城を建造し本拠を移したが、間もなく6月17日に死去した。享年69。

系譜[編集]

  • 父:堀尾泰晴(1517-1599)
  • 母:不詳
  • 正室:大方殿 - 津田氏
  • 生母不明の子女
    • 男子:堀尾金助(1573-1590)
    • 男子:堀尾氏泰
    • 女子:石川忠総正室
    • 女子:堀尾因幡室
    • 女子:野々村河内室
    • 女子:池田備中守室
    • 女子:平井権左衛門室
    • 女子:蒲生弥五右衛門室

子孫[編集]

寛永10年(1633年)に死去した忠晴には嗣子が無く、堀尾氏嫡系は3代で改易となる。一族が松江藩(堀尾但馬、吉晴の弟氏光の子氏晴)、尼崎藩(堀尾丹下)、熊本藩(堀尾茂助四代)、他に仕えて名跡を存続させた。また、傍系や再仕官していない関係一族の子孫も存在している。

淀藩石川憲之の子が将軍徳川綱吉の意向により堀尾勝明と名乗るが、一家を興す前に早世している。関ヶ原の合戦直前の小山の陣にて、家康の仲介により堀尾忠晴の娘が石川忠総に正室として嫁ぐこととなり、忠総の長男の廉勝以下男子7人は全て吉晴の娘より生まれた。忠総の跡を継いだ廉勝は正室に吉晴の孫である堀尾忠晴の娘を迎えたため、石川家は堀尾家と二重の縁があった。この忠晴の娘の子が憲之、その子が堀尾勝明、という関係になる。この堀尾家再興運動は、忠晴の正室ですなわち廉勝正室の母であったビン姫(徳川秀忠の養女、奥平家昌の娘)の熱望があったとも伝わる。これらの縁により、堀尾家の京都における菩提寺であった俊巖院は、堀尾家断絶後は石川家が檀越になり、庭園整備・建物増築等を行い寛永13年(1636年)寺号を春光院と改称、以後歴代石川家当主が檀越になり庇護した。また、石川憲之は淀藩主になる前に伊勢亀山藩主となっているが、亀山藩藩庁の伊勢亀山城は石川氏移封の20年ほど前に、堀尾忠晴が幕命を間違えて天守を解体してしまったことで知られる。

前田玄長公家藤原北家閑院流押小路家の出身であったが、前田玄以との所縁から前田を称して高家旗本・前田家の初代当主となった。その際に、徳川綱吉から堀尾家の祭祀を継ぐことを命じられたという。前田玄以の次女が堀尾忠氏の正室であり、忠晴の母親であった。一方玄以の長女は公卿の三条西実条の正室となったため、堀尾忠氏と三条西実条は義理の兄弟(相婿)となる。実条の孫が押小路公音(閑院流押小路家の祖)、公音の子の玄長は実条の曽孫となる。これにより、玄長の曽祖父が堀尾忠氏の義理の兄弟、という縁戚関係となる。高家前田家では、持槍(行列時に籠先に立てる長槍で一本道具。鞘形で誰の行列かを見分ける)の鞘の形を堀尾家の家紋・旗印である「分銅」を用いている。また、幕末期の前田家当主・長禮は、明治9年(1876年)3月31日に、次男の長興(ながおき。長善の弟)を分家させ、前田家の本姓である堀尾姓を名乗らせ、平民籍への編入を東京府庁に願い出、受理されている。

墓所[編集]

堀尾吉晴の墓(島根県安来市広瀬町・巌倉寺)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 石井 2012, p. 20.
  2. ^ a b c d e 石井 2012, p. 21.
  3. ^ 藤井善布 「黒井城」、平井聖編 『日本城郭大系 第12巻 大阪・兵庫』 新人物往来社、1980年。 
  4. ^ 宮本義己「内府(家康)東征の真相と直江状」『大日光』78号、2008年。
  5. ^ a b c d 石井 2012, p. 22.
  6. ^ a b c d 楠戸 2006, p. 227.
  7. ^ a b 石井 2012, p. 23.
  8. ^ 村川浩平「羽柴氏下賜と豊臣姓下賜」『駒沢史学』49号、1996年。

参考文献[編集]

書籍
史料
  • 『太閤記』
  • 『藩翰譜』

関連作品[編集]

テレビドラマ

関連項目[編集]