堀岡駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
堀岡駅
1940年(昭和15年)当時の堀岡駅
1940年(昭和15年)当時の堀岡駅
ほりおか
Horioka
(0.7km) 新港東口
所在地 富山県新湊市(現・射水市)堀岡
所属事業者 富山地方鉄道
所属路線 射水線
キロ程 13.7km(新富山起点)
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
開業年月日 1929年(昭和4年)7月2日
廃止年月日 1980年(昭和55年)4月1日
備考 射水線廃線に伴い廃駅
テンプレートを表示

堀岡駅(ほりおかえき)は、富山県新湊市(現・射水市)堀岡にあった3つの富山地方鉄道射水線廃駅)の一つである。射水線の廃線に伴い1980年(昭和55年)4月1日に廃駅となった。

歴史[編集]

越中鉄道打出駅 - 堀岡駅間の開通を報ずる新聞。当駅の写真が掲載されている。

駅構造[編集]

廃止時点で、島式ホーム(片面使用)1面1線を有する地上駅であった。ホームは線路の北側(新港東口方面に向かって右手側)に存在した[4]。かつては島式ホーム1面2線を有する列車交換可能な交換駅であった[4]。使われなくなった駅舎側の1線は、交換設備運用廃止後は撤去された[4]

朝のみ有人、その他の時間帯は無人駅となる業務委託駅となっていた[4]。駅舎は構内の北西側に位置しホームとは通路で連絡した[4]。ホームに待合所代わりの上屋を有した[4]

駅周辺[編集]

駅跡[編集]

線路跡は四方駅跡南方附近から終点・新港東口駅附近までサイクリングロードとなっている[5]。1997年(平成9年)時点では、線路跡地はそのサイクリングロードであった[5]。2006年(平成18年)時点[6]、2010年(平成22年)時点でも同様であった[7][8]

駅跡地は2006年(平成18年)時点では駅舎跡地が消防団の詰所となっていた[6]。2010年(平成22年)時点では旧駅前部分が公園となっていた[7]

隣の駅[編集]

富山地方鉄道
射水線
射北中学校前駅 - 堀岡駅 - 新港東口駅

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 書籍『日本鉄道旅行地図帳 全線全駅全廃線 6 北信越』(監修:今尾恵介新潮社2008年10月発行)34ページより。
  2. ^ a b c d e 書籍『新 鉄道廃線跡を歩く3 北陸・信州・東海編』(JTBパブリッシング2010年4月発行)211-212ページより。
  3. ^ 鉄道の歌が作られた。「ついたついた電車道 開通式は我が村で 今日しも挙げられるうれしさよ 祝えや祝え もろともに」。運賃は富山連帯橋停車場から本江まで30銭、海老江まで36銭、堀岡まで42銭だった。堀岡から新湊町へは5分おきに5銭の「円太郎」(乗合馬車)が往復することになった。その間の放生津潟には遊覧式のランチ(小型の蒸気船)で連絡されることになった(以上、『堀岡郷土史』)。
  4. ^ a b c d e f g 書籍『RM LIBRARY 107 富山地鉄笹津・射水線』(著:服部重敬、ネコ・パブリッシング、2008年7月発行)41ページより。
  5. ^ a b 書籍『鉄道廃線跡を歩くIII』(JTBパブリッシング、1997年5月発行)108-109ページより。
  6. ^ a b 書籍『富山廃線紀行』(著:草卓人、桂書房、2008年7月発行)66-67ページより。
  7. ^ a b 書籍『新 消えた轍 7 北陸』(著:寺田裕一、ネコ・パブリッシング、2010年12月発行)53ページより。
  8. ^ 『新 鉄道廃線跡を歩く3』50-51ページより。