堀川芳雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索

堀川 芳雄 (ほりかわ よしお、1902年10月6日 - 1976年3月18日)は日本の植物学者である。蘚苔類の分類学的研究で知られる。

熊本県玉名郡出身、東北帝国大学を卒業した。広島高等師範学校の教授となり、1934年 東京帝国大学 理学博士 論文の題は「Monographia hepaticarum australi-japonicarum (南日本産苔類植物誌)」[1]。 1941年広島文理科大学教授、1953年広島大学教授となった。日本各地や樺太、ミクロネシアで採集研究を行い、1936年に"Studies on the Hepaticae of Japan"(「日本産苔類の研究」)を発表した。ヤクシマアミバゴケHattoria yakushimensis (Horik.) R.M. Schust)など多くの新種の記載命名を行った。広島大学付属宮島自然植物園の設立に寄与し、学術誌「ヒコビア」を創刊した。

著作[編集]

  • 『日本苔類の研究』
  • 『厳島に自生する植物種類誌』(1942年)
  • 『植物生態学』 (1951年)

参考文献[編集]

  • 大場秀章編『植物文化人物事典』日外アソシエーツ、2007年。ISBN 4816920269

脚注[編集]

  1. ^ 博士論文書誌データベースによる