堀川謙一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
堀川 謙一
基本情報
本名 堀川 謙一
階級 ライトフライ級
身長 162cm
国籍 日本の旗 日本
誕生日 (1980-03-10) 1980年3月10日(39歳)
出身地 京都府乙訓郡大山崎町
スタイルボクサーファイター
プロボクシング戦績
総試合数 57
勝ち 40
KO勝ち 13
敗け 16
引き分け 1
テンプレートを表示

堀川 謙一(ほりかわ けんいち、男性、1980年3月10日 - )は、日本プロボクサー京都府乙訓郡大山崎町出身。第38・41代日本ライトフライ級王者。2017年4月デビュー以来属したSFマキから三迫ボクシングジム移籍。

来歴[編集]

2000年4月7日、岡田稔と両者にとってのデビュー戦を行い、2回33秒KO勝ちを収め堀川がデビュー戦を白星で飾った。

2001年ライトフライ級で新人王戦に出場し敗戦。さらに次の試合も敗戦する。試合間隔は敗戦のたびに空くようになった。

2003年、再度ライトフライ級で新人王戦に出場し初戦敗退。同年12月、ミニマム級の橘悟朗に判定勝利を収め、負け越しから通算4勝4敗となった。

2004年、新人王戦に3度目の出場で西日本ライトフライ級新人王を獲得。続いての対抗戦では敗退したが、その後、ライトフライ級、ミニマム級で試合を重ねた。

2007年、A級トーナメントにミニマム級に優勝し、MVPを獲得した。同年5月から2008年9月まで日本1位を保持。

2008年10月8日、日本タイトル挑戦権獲得トーナメント「最強後楽園」のミニマム級決勝戦で日本1位・OPBF3位として日本2位・OPBF8位の辻昌建と争い、1-2の判定で敗退した。

2009年6月21日、松下IMPホールで日本ミニマム級1位として日本ミニマム級3位の八重樫東と日本ミニマム級王座決定戦を行い、0-3の判定負けを喫した[1]

2010年5月9日、松下IMPホールでOPBF東洋太平洋ミニマム級3位としてOPBF東洋太平洋ミニマム級1位のマイケル・ランデロとOPBF東洋太平洋ミニマム級王座決定戦を行い、8回まではポイントで上回ったが、9回に2度のダウンを喫してTKO負けとなり、王座獲得はならなかった[2][3]

2012年10月2日、原隆二と日本ミニマム級王座決定戦を行い、0-3の判定負けを喫し王座獲得に失敗した[4]

2013年10月19日、日本タイトル挑戦権獲得トーナメント「最強後楽園」のライトフライ級決勝戦で日本3位・OPBF11位として日本2位・OPBF8位の大内淳雅と争い、2-0(78-75、77-76、76-76)の判定勝ちを収め日本ライトフライ級王者井上尚弥への挑戦権獲得に成功した[5]

2014年2月1日、木村悠と日本ライトフライ級王座決定戦を行い、1-2の判定負けを喫し王座獲得に失敗した[6]

2015年9月17日、小野心と日本ライトフライ級王座決定戦を行い、7回1分33秒TKO勝ちを収め念願の王座獲得に成功した[7]

2015年12月27日、京都府乙訓郡大山崎町の大山崎町体育館で日本ライトフライ級1位の拳四朗と対戦し、10回0-3(93-98×2、93-97)の判定負けを喫し日本王座の初防衛に失敗、王座から陥落した[8]

2016年1月22日、2015年の年間表彰選手選考会に於いて年間最高試合に選出された[9]

2016年1月29日、JBCは堀川を日本ライトフライ級4位にランクインした[10][11]

2016年8月7日、天満橋エルシアターで行われた「第57回CHAMPION'S ROAD」で金沢晃佑とライトフライ級8回戦を行い、8回2-1(78-74、78-75、75-77)の判定勝ちを収め再起を果たした[12]

2016年10月26日、JBCは堀川を日本ライトフライ級2位にランクインした[13]

2017年2月12日、広島県広島市NTTクレドホールで板垣幸司とWBOアジア太平洋ライトフライ級王座決定戦を行い、12回3-0(116-112×2、117-111)の判定勝ちを収め王座獲得に成功した[14][15]

2017年2月15日、WBOは堀川をWBO世界ライトフライ級15位にランクインした[16][17]

2017年3月6日、OPBFは堀川をOPBF東洋太平洋ライトフライ級6位にランクインした[18][19]

2017年3月23日、同年4月21日に行われる「ファイティング・ビート・ボクシング」で日本ライトフライ級1位の久田哲也と日本ライトフライ級王座決定戦を行うことが決定した[20]

2017年4月21日、大阪府立体育会館第2競技場で行われた「ファイティングビートボクシング」で拳四朗の王座返上に伴い日本ライトフライ級1位の久田哲也と日本ライトフライ級王座決定戦を行い、10回0-3(92-95、91-96、91-97)の判定負けを喫し日本王座への返り咲きに失敗した[21]

2017年4月26日、JBCは堀川を日本ライトフライ級4位にランクインした[22][23]

2017年5月11日、WBCは堀川をWBC世界ライトフライ級27位にランクインした[24]

2017年7月26日、JBCは堀川を日本ライトフライ級5位にランクインした[25]

2017年8月15日、島津アリーナ京都で寺次孝有希とライトフライ級8回戦を行い、8回3-0(78-74、80-74、80-72)の判定勝ちを収め再起を果たした[26]

2017年11月30日、JBCは堀川を日本ライトフライ級2位にランクインした[27]

2017年12月6日、OPBFは堀川をOPBF東洋太平洋ライトフライ級2位にランクインした[28]

2017年12月14日、後楽園ホールで行われた「ダイヤモンドグローブ」でフアマイ・カイチョンジムと50.0kg契約8回戦を行い、初回3分6秒KO勝ちを収めた[29]

2018年1月12日、WBCは堀川をWBC世界ライトフライ級15位にランクインした[30][31]

2018年3月18日、神戸ポートピアホテル特設会場でナッチャポン・ゲーオクアンロゾートと50.0㎏契約8回戦を行い、2回2分12秒KO勝ちを収めた。

2018年5月26日、大阪府立体育会館第2競技場でモンコル・カムソッマットと50.0kg契約8回戦を行い、7回1分55秒TKO勝ちを収めた[32]

2018年7月12日、後楽園ホールで高梨直人と50.0kg契約8回戦を行い、5回1分3秒TKO勝ちを収めた[33]

2018年10月12日、後楽園ホール日本ライトフライ級2位の板垣幸司と日本ライトフライ級挑戦者決定戦を行い、7回2分14秒TKO勝ちを収めた[34]

2019年2月14日、後楽園ホールで前王者の久田哲也が返上した日本ライトフライ級王座を懸けて同級2位の戸高達と対戦し、8回終了時に戸高が棄権し規定によりTKO勝ちを収め3年2ヵ月ぶりに王座に返り咲いた[35]

2019年5月19日、神戸ポートピアホテルで日本ライトフライ級1位の多田雅と同級タイトルマッチを行い、10回判定3-0(99-90×2、98-91)で判定勝ちを収め、王座防衛に成功した[36]

2019年8月8日に後楽園ホールで元日本ライトフライ級ユース王者で日本同級7位の大保龍斗と対戦する予定であったが、大保が体調不良により救急搬送され、計量会場に来ることができなかったため失格となり、試合は中止となった[37]。当日は代わりに拳四朗と特別公開スパーリングを行った。

2019年10月10日、後楽園ホールで日本ライトフライ級4位の高橋悠斗を相手に防衛戦を行うも、10回0-2(93-97、94-96、95-95)で判定負けを喫し、王座から陥落した[38]

戦績[編集]

プロボクシング:57戦40勝 (13KO) 16敗1分

日付 勝敗 時間 内容 対戦相手 国籍 備考
1 2000年5月12日 2R 0:33 KO 岡田稔 日本の旗 日本(武蔵ヨシヤマ) プロデビュー戦
19 2007年2月11日 10R 判定3-0 山脇正輝 日本の旗 日本
(大阪帝拳)
48.0kg契約10回戦
20 2007年8月29日 6R 負傷判定2-0 瀬川正義 日本の旗 日本
(横浜光)
KSD杯争奪A級トーナメントミニマム級準決勝
21 2007年10月31日 8R 判定2-0 田中教仁 日本の旗 日本
(ドリーム)
KSD杯争奪A級トーナメントミニマム級決勝(MVP獲得)
22 2008年4月20日 8R 判定3-0 諸一宇 日本の旗 日本
(尼崎)
48.0kg契約8回戦
23 2008年7月3日 6R 判定2-1 松本博志 日本の旗 日本
(角海老宝石)
日本タイトル挑戦権獲得トーナメントミニマム級準決勝
24 2008年10月8日 8R 判定1-2 辻昌建 日本の旗 日本
(帝拳)
日本タイトル挑戦権獲得トーナメントミニマム級決勝戦(技能賞)
25 2009年6月21日 10R 判定0-3 八重樫東 日本の旗 日本
(大橋)
日本ミニマム級王座決定戦
26 2009年10月4日 8R 判定3-0 久田恭裕 日本の旗 日本
(横浜さくら)
48.0kg契約8回戦
27 2010年2月7日 6R 判定3-0 松下泰士 日本の旗 日本
(ヨシヤマ)
フライ級6回戦
28 2010年5月9日 9R 1:50 TKO マイケル・ランデロ フィリピンの旗 フィリピン OPBF東洋太平洋ミニマム級王座決定戦
29 2010年10月21日 8R 判定3-0 岩橋裕馬 日本の旗 日本
(森岡)
48.0kg契約8回戦
30 2010年11月27日 7R 2:40 TKO フローレンテ・コンデス フィリピンの旗 フィリピン ライトフライ級10回戦
31 2011年4月2日 8R 2:24 TKO エドガル・ソーサ メキシコの旗 メキシコ WBCインターナショナルフライ級タイトルマッチ
32 2011年8月7日 8R 判定3-0 中澤翔 日本の旗 日本
(大鵬)
50.3kg契約
33 2011年11月11日 8R 判定3-0 久田哲也 日本の旗 日本
(ハラダ)
49.3kg契約8回戦
34 2012年6月10日 8R 判定3-0 阪下優友 日本の旗 日本
(とよはし)
50.45kg契約8回戦
35 2012年10月2日 10R 判定0-3 原隆二 日本の旗 日本
(大橋)
日本ミニマム級王座決定戦
36 2013年2月13日 12R 判定0-3 ノックノイ・シップラサート タイ王国の旗 タイ フライ級12回戦
37 2013年7月1日 6R 判定3-0 久田哲也 日本の旗 日本
(ハラダ)
日本タイトル挑戦権獲得トーナメントライトフライ級準決勝
38 2013年10月19日 8R 判定2-0 大内淳雅 日本の旗 日本
(角海老宝石)
日本タイトル挑戦権獲得トーナメントライトフライ級決勝
39 2014年2月1日 10R 判定1-2 木村悠 日本の旗 日本
(帝拳)
日本ライトフライ級王座決定戦
40 2014年7月6日 8R 判定2-0 松本直樹 日本の旗 日本
(大阪帝拳)
ライトフライ級8回戦
41 2014年9月5日 8R 判定2-0 ハイトン・エルナンデス メキシコの旗 メキシコ 50.5kg契約8回戦
42 2015年4月12日 4R 2:55 TKO 貴島宗仁 日本の旗 日本
(千里馬神戸)
49.4kg契約8回戦
43 2015年7月20日 8R 2:24 TKO 諸一宇 日本の旗 日本
(尼崎)
50.0kg契約8回戦
44 2015年9月17日 7R 1:33 TKO 小野心 日本の旗 日本
(ワタナベ)
日本ライトフライ級王座決定戦
45 2015年12月27日 10R 判定0-3 拳四朗 日本の旗 日本
(BMB)
日本ライトフライ級王座陥落
46 2016年8月7日 8R 判定2-1 金沢晃佑 日本の旗 日本
(大鵬)
ライトフライ級8回戦
47 2017年2月12日 12R 判定3-0 板垣幸司 日本の旗 日本
(広島三栄)
WBOアジア太平洋ライトフライ級王座決定戦
48 2017年4月21日 10R 判定0-3 久田哲也 日本の旗 日本(ハラダ) 日本ライトフライ級王座決定戦
49 2017年8月15日 8R 判定3-0 寺次孝有希 日本の旗 日本
(ミサイル工藤)
ライトフライ級8回戦
50 2017年12月14日 1R 3:06 KO フアマイ・カイチョンジム タイ王国の旗 タイ 50.0kg契約8回戦
51 2018年3月18日 2R 2:12 KO ナッチャポン・ゲーオクアンロゾート タイ王国の旗 タイ 50.0kg契約8回戦
52 2018年5月26日 7R 1:55 TKO モンコル・カムソッマット タイ王国の旗 タイ 50.0kg契約8回戦
53 2018年7月12日 5R 1:03 TKO 高梨直人 日本の旗 日本(TEAM10COUNT) 50.0kg契約8回戦
54 2018年10月12日 7R 2:14 TKO 板垣幸司 日本の旗 日本(広島三栄) 日本ライトフライ級王座挑戦者決定戦
55 2019年2月14日 8R 終了 TKO 戸高達 日本の旗 日本(レパード玉熊) 日本ライトフライ級王座決定戦
56 2019年5月19日 10R 判定3-0 多田雅 日本の旗 日本(TI山形) 日本王座防衛1
57 2019年10月10日 10R 判定0-2 高橋悠斗 日本の旗 日本(K&W) 日本王座陥落
テンプレート

獲得タイトル[編集]

  • 2004年西日本ライトフライ級新人王
  • 第20回KSD杯争奪A級トーナメントミニマム級優勝 (MVP)
  • 第1回日本タイトル挑戦権獲得トーナメントミニマム級準優勝(技能賞)
  • 第6回日本タイトル挑戦権獲得トーナメントライトフライ級優勝
  • 第38代日本ライトフライ級王座(防衛0)
  • WBOアジア太平洋ライトフライ級王座
  • 第41代日本ライトフライ級王座(防衛1)

脚注[編集]

  1. ^ 堀川、初タイトル逃す 日本ミニマム級 八重樫に判定負け 京都新聞 2009年6月21日閲覧
  2. ^ 堀川大逆転負け…9回TKO 日刊スポーツ 2010年5月10日閲覧
  3. ^ ボクシング、京の堀川TKO負け 東洋太平洋ミニマム級王座決定戦 京都新聞 2010年5月9日閲覧
  4. ^ 井上がデビュー戦でKO勝利 原はミニマム新王者に ボクシングニュース「Box-on!」 2012年10月2日
  5. ^ 最強後楽園、内藤ら5選手が挑戦権獲得 Boxing News(ボクシングニュース) 2013年10月19日
  6. ^ 木村が2-1判定で新王者に、日本L・フライ級決定戦 Boxing News(ボクシングニュース) 2014年2月1日
  7. ^ 堀川謙一が日本L・フライ級新王者、小野心を7回TKO Boxing News(ボクシングニュース) 2015年9月17日
  8. ^ 拳四朗プロ6戦目で日本王者に 堀川との京都対決制す Boxing News(ボクシングニュース) 2015年12月27日
  9. ^ 内山高志2015年MVP、技能賞は山中、井岡が殊勲賞 Boxing News(ボクシングニュース) 2016年1月22日
  10. ^ 2016年1月度日本ランキング 日本ボクシングコミッション(JBC) 2016年1月29日
  11. ^ 最新日本ランキング、大嶽正史らランク入り Boxing News(ボクシングニュース) 2016年1月29日
  12. ^ アムナット五輪初戦突破、源大輝ランカー対決制す Boxing News(ボクシングニュース) 2016年8月8日
  13. ^ 2016年10月度日本ランキング 日本ボクシングコミッション(JBC) 2016年10月26日
  14. ^ 堀川謙一がWBO・AP王座獲得、板垣幸司に3-0判定 Boxing News(ボクシングニュース) 2017年2月12日
  15. ^ Horikawa wins vacant WBO ASPAC 108lb belt Fightnews.com 2017年2月13日
  16. ^ WBO RANKING FEBRUARY 2017 WBO公式サイト 2017年2月15日
  17. ^ 堀川謙一がWBOランク入り、ソーサがWBA王座返上 Boxing News(ボクシングニュース) 2017年2月16日
  18. ^ OPBF Male February Ratings 2017 OPBF公式サイト 2017年3月6日
  19. ^ 京口紘人がIBFランク入り、OPBF2月ランキング更新 Boxing News(ボクシングニュース) 2017年3月6日
  20. ^ 久田哲也vs堀川謙一、4.21日本LF級王座決定戦 Boxing News(ボクシングニュース) 2017年3月23日
  21. ^ 久田哲也が日本L・フライ級新王者、堀川謙一に雪辱 Boxing News(ボクシングニュース) 2017年4月21日
  22. ^ 2017年4月度日本ランキング 日本ボクシングコミッション(JBC) 2017年4月26日
  23. ^ 最新日本ランキング、4階級で新チャンピオン Boxing News(ボクシングニュース) 2017年4月26日
  24. ^ RATINGS WBC公式サイト 2017年5月11日
  25. ^ 2017年7月度ランキング 日本ボクシングコミッション(JBC) 2017年7月26日
  26. ^ 山中慎介V13ならず、ネリの猛攻に4回TKO負け Boxing News(ボクシングニュース) 2017年8月15日
  27. ^ 2017年11月度ランキング 日本ボクシングコミッション(JBC) 2017年11月30日
  28. ^ OPBF Male November Ratings 2017 OPBF公式サイト 2017年12月6日
  29. ^ 細川バレンタインが新王者、麻生興一に競り勝つ Boxing News(ボクシングニュース) 2017年12月14日
  30. ^ RATINGS WBC公式サイト 2018年1月12日
  31. ^ 拳四朗がWBC準月間MVP OPBFもランキング発表 Boxing News(ボクシングニュース) 2018年1月15日
  32. ^ 流血の堀川謙一が7回TKO勝ち 大石豊が引退式 Boxing News(ボクシングニュース)2018年5月26日
  33. ^ ベルトを目指し日本ランカーが奮闘! ボクシングモバイル 2018年7月12日
  34. ^ 井上浩樹が12連勝 6階級で日本王座挑戦者決定 Boxing News(ボクシングニュース)2018年10月12日
  35. ^ 堀川謙一が8回TKO勝ち 日本LF級王座返り咲き Boxing News(ボクシングニュース)2019年2月14日
  36. ^ 39歳堀川40勝目、多田に判定でV1 日本LF級戦 Boxing News(ボクシングニュース)2019年5月19日
  37. ^ あすの日本L・フライ級戦中止 大保龍斗が計量失格 堀川謙一は世界王者の拳四朗とスパーリング Boxing News(ボクシングニュース)2019年8月7日
  38. ^ 高橋悠斗が日本L・フライ級新王者 元世界王者の山口圭司ジュニアが初回TKOデビュー Boxing News(ボクシングニュース)2019年10月10日

関連項目[編集]

空位
前タイトル保持者
木村悠
第38代日本ライトフライ級王者

2015年9月17日 - 2015年12月27日

次王者
拳四朗
前王者
久田哲也
第41代日本ライトフライ級王者

2019年2月14日 - 2019年10月10日

次王者
高橋悠斗