堀忠俊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

堀 忠俊(ほり ただとし、1596年慶長元年) - 1622年2月2日元和7年12月22日))は、江戸時代初期の大名。越後福嶋藩第2代藩主。初代藩主堀秀治の長男。母は長谷川秀一の娘。正室は姫路藩主・本多忠政の娘(徳川家康の養女)国姫。子は堀秀俊(長男)。

略歴[編集]

慶長11年(1606年)、父秀治の死去により家督を相続する。家老堀直政の尽力により、本多忠政の娘国姫徳川家康の養女として娶り、また秀忠から偏諱と松平姓を授かる[1]など、急速に徳川将軍家に接近して家の存続を図っている。しかし、直政死後の慶長15年(1610年)、家老堀直清堀直寄との争乱を発端とする御家騒動が勃発する。これにより、幕府は閏2月2日に忠俊[2]と直清を改易、直寄を1万石減封に処した。(「越後福嶋騒動」項目参照)


改易後の忠俊は陸奥磐城平藩鳥居忠政へ預けられ、茶の湯のみを楽しみとしたと伝わる。享年26。墓所は福島県いわき市平字胡摩沢の曹洞宗淵室山長源寺。

その後の堀家[編集]

次弟の鶴千代は早世、三弟の季郷は日向延岡藩内藤家に仕官している。息子の秀俊は加賀藩前田家に仕えている。

一方、元家老の直寄は着実に出世し、長岡城の建設や新潟町発展の寄与、村上の城下町の整備も進めた。直寄の次男直時の家系の越後村松藩3万石と、直政の五男直之の家系の越後椎谷藩1万石が存続して明治維新を迎えた。

脚注[編集]

注釈[編集]

引用元[編集]

  1. ^ 村川浩平『日本近世武家政権論』、P74
  2. ^ 村山『シリーズ藩物語 高田藩』 P14

参考文献[編集]

  • 村山和夫『シリーズ藩物語 高田藩』(現代書館2008年3月)
  • 『堀家の歴史』堀直敬著 堀家の歴史研究会 1967年
  • 『寛永諸家系図伝』