堀村隆彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

堀村 隆彦(ほりむら たかひこ)は、日本外交官ブラジル駐箚特命全権大使メキシコ駐箚特命全権大使などを歴任した。

経歴・人物[編集]

静岡県出身。東京都立日比谷高等学校卒業。1969年昭和44年)東京大学法学部を中退して外務省に入省する。外務省ではラテンアメリカ畑を歩み、外務省国際連合局人権難民課長等を歴任。

1997年(平成9年)から1999年(平成11年)までサンパウロ総領事1998年にはブラジル移民90周年祭名誉委員長を務めた。外務省中南米局審議官、外務省中南米局長を経て、2001年(平成13年)メキシコ駐箚特命全権大使ベリーズ駐箚特命全権大使。2003年(平成15年)特命全権大使(アフガニスタン支援調整担当、国際テロ対策担当)、2004年(平成16年)4月2日ブラジル駐箚特命全権大使[1]。退官後、2006年8月1日から自治体国際化協会常務理事を務めた。

同期[編集]

脚注[編集]

  1. ^ (日本語) ■新大使に堀村氏=元聖総領事など歴任”. ニッケイ新聞 (2004年4月3日). 2014年4月25日閲覧。