堀江政生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
ほりえ まさお
堀江 政生
プロフィール
出身地 日本の旗 東京都武蔵野市
生年月日 (1963-06-01) 1963年6月1日(57歳)
最終学歴 明治学院大学法学部法律学科
勤務局 朝日放送テレビ
部署 編成局アナウンス部
職歴 大阪国際大学客員教授(2008年6月 - ?)、朝日新聞社東京本社編集局政治グループ(2009年6月 - 2010年7月)、報道局報道部報道課長(2010年8月 - ?)
活動期間 1989年 -
ジャンル ニュースキャスターラジオパーソナリティ
配偶者 あり
著名な家族 堀江牧生(長男)
公式サイト アナウンサープロフィール 堀江政生
出演番組・活動
出演中 感度良好!中野涼子です
おはようコールABC
出演経歴 ABC NEWSゆう
ムーブ!
NEWSゆう+
キャスト
おっちゃんラジオ(木・金曜パーソナリティ)
堀江政生のほりほりラジオ
堀江政生のほりナビ!!   
アナウンサー: テンプレート - カテゴリ

堀江 政生(ほりえ まさお、1963年6月1日 - )は、朝日放送テレビ[1](ABCテレビ)のアナウンサーで、同社編成局アナウンス部の課長。

略歴[編集]

東京都武蔵野市の出身で、幼少期には東京都小金井市神奈川県鎌倉市にも在住。神奈川県立七里ガ浜高等学校を経て、明治学院大学法学部法律学科を卒業後の1989年に、25歳で朝日放送(当時)にアナウンサーとして入社した。ちなみに、実父はTBS(現在のTBSテレビ)の元局員で、在籍中には総務やネットワーク関連の部門へ勤務していた。

朝日放送への入社後は、長らく夕方のニュース番組に出演。2002年4月から、テレビ朝日(朝日放送テレビのキー局)の全国ニュース番組ANNスーパーJチャンネル』で、週末版(土・日曜)のキャスターを1年間務めた。朝日放送テレビのローカル番組でも、『ABC NEWSゆう』などのサブキャスターを経て、2004年4月から半年間『NEWSゆう』のメインキャスターを担当。同年10月から2009年3月までは、平日の報道・情報番組『ムーブ!』のメインキャスターを務めた。

『ムーブ!』終了後の2009年6月からは、朝日放送と朝日新聞社による人事交流の一環で、朝日新聞社東京本社編集局政治グループへ記者として出向。朝日放送の生放送番組で電話リポートを入れたり、朝日新聞主催のフォーラムで司会を務めたりするなど、アナウンサーの経歴を生かした活動も続けていた。

2010年7月末に出向期間が満了したため、同年8月1日付で朝日放送に復帰。復帰後は、アナウンサーと報道記者を兼務している[2]。その一方で、朝日放送ラジオ2011年のナイターオフ期間に『おっちゃんラジオ』木・金曜日のパーソナリティを務めたことを機に、ラジオパーソナリティとして『堀江政生のほりナビ!!』などの冠番組を担当している。

朝日放送におけるテレビ・ラジオ放送部門の分社化に伴って、2018年4月1日からは、朝日放送テレビに所属しながら朝日放送ラジオ(ABCラジオ)制作の番組にも引き続き出演。7月9日月曜日)から8月31日金曜日)までは、髄膜腫の放射線治療で休養していた先輩アナウンサーの道上洋三[3]に代わって、『おはようパーソナリティ道上洋三です』のパーソナリティを務めた。

朝日放送の分社化に伴う朝日放送テレビへの自動転籍後は、他のアナウンサーの勤務を管理するデスク業務にも携わっている。もっとも、『おはようパーソナリティ道上洋三です』以外でも、朝日放送ラジオの生ワイド番組でメインパーソナリティが休演した場合には、スタッフからの要請でパーソナリティ代理を任されることが多い。その一方で、金曜日には2020年4月から『おはようコールABC』(ABCテレビ)、土曜日には2017年10月から『感度良好!中野涼子です』(ABCラジオ)でニュースコメンテーターの役割も担う。

なお、2020年8月3日(月曜日)・4日(火曜日)・6日(木曜日)には、『キャスト』(『ムーブ!』の2代後の報道・情報番組)のメインキャスターを急遽担当した。澤田有也佳(同番組でサブキャスターを務める後輩アナウンサー)に新型コロナウイルスへの感染が同月1日に確認されたことから、澤田と直前(7月下旬)に共演していたレギュラー番組の関係者(『ムーブ!』で堀江と共演していたメインキャスターの上田剛彦など)にPCR検査を受診させる方針を朝日放送テレビが決めたことによる暫定措置で、当初は上田の陰性が完全に確認されるまで月・火・木曜日の代演を予定していた(水・金曜日には初代メインキャスターの伊藤史隆が代演)[4]。しかし、上田が陰性の確認を経て7日(金曜日)放送分から復帰することが決まったため、実際の代演期間は1週間(3日間)にとどまった。

人物[編集]

学生時代からの阪神タイガースファンで、朝日放送への入社を機に看護師と結婚。チェロ奏者・堀江牧生(1990年生)の実父でもある。その後に授かった二男・恵太(1992年生)[5]ヴァイオリン、長女・詩葉(ことは=1997年生)[6]ピアノを演奏。「堀江トリオ」と称して、三兄妹でコンサートを開くこともある。

ABC主催のクラシック・ファミリーコンサートなどで司会を務めるほど、クラシック音楽に精通。「堀江政生のフォルティシモでいこう!!」ではクラシック音楽のリクエスト・解説コーナーを設けた。2013年4月7日からは、『堀江政生のザ・シンフォニーホールアワー』(朝日放送ラジオ)のパーソナリティも務める。

朝日新聞社への出向時代は、麻生太郎鳩山由紀夫両首相の番記者として、第45回衆議院議員総選挙期間中の麻生の遊説や行政刷新会議による事業仕分け2009年11月)を連日取材[7]。2010年1月から出向期間が満了するまでは、野党担当の記者として、主に自民党共産党の動向を追っていた[8]

大学時代には、劇団で活動していた時期があった。朝日放送への復帰後は、ラジオのレギュラー番組で放送されるラジオドラマの脚本を執筆したり、複数の役柄を声で演じ分けたりしている。

プライベートでは、30代で大型自動二輪車運転免許を取得したことを機に、オートバイによるツーリングへ興じている。ツーリングでの体験談を、出演番組で話すこともある。

出演番組[編集]

現在[編集]

テレビ[編集]

  • ABC NEWS(不定期、宿直勤務の一環として深夜帯も随時担当)
  • パーフェクトボウリングスカイA、実況担当)
  • キャスト
    • 本来は主にニュース・報道系特集のナレーターを担当しているが、前述した事情で、2020年の8月第2週のみ月・火・木曜日にメインキャスター代理として出演。
  • おはようコール金曜日(ニュースコメンテーターとして月に1回出演、2020年4月 - )

ラジオ[編集]

  • 堀江政生のザ・シンフォニーホールアワー(2013年4月7日 - )
  • おはようパーソナリティ道上洋三です - 2018年12月までは、シフト勤務の一環で、番組内の『ABCニュース』のみ担当。1997年・1998年・2018年・2019年・2020年には、道上の夏季休暇中にパーソナリティ代理を務めている。
  • ドッキリ!ハッキリ!三代澤康司です - 朝日新聞への出向期間中に、不定期で電話出演。朝日放送復帰後は、三代澤の休演時にパーソナリティ代理を担当する。
  • 武田和歌子のぴたっと。 - 朝日新聞への出向期間中に、不定期で電話出演。朝日放送の復帰後は、後輩アナウンサーの武田和歌子をはじめ、レギュラー出演者が休演した際に代理で出演する。
  • 感度良好!中野涼子です (2017年10月7日 - )- 「週刊!堀江政生」(14時台前半の冠コーナー)と、番組内の「ABCニュース・天気予報」、「政生's クラシック」(16時台)に出演。2018年の夏季にも、『おはようパーソナリティ道上洋三です』のパーソナリティ代理と並行しながら、(第100回全国高等学校野球選手権記念大会中継に伴う休止期間をはさんで)出演を続けている。
  • ABCニュース(『感度良好!中野涼子です』への内包分以外は不定期で担当) - 朝日新聞への出向前に、一時「ニュースデスク」として出演。2016年度までのプロ野球シーズン中には、『堀江政生のほりナビ!!』内のニュースも担当していた。

過去[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 2018年4月1日に旧・朝日放送(朝日放送グループホールディングス)の認定放送持株会社化に伴い、アナウンサーは全員、朝日放送テレビ所属となった。
  2. ^ 同僚アナウンサー・保坂和拓のTwitter発言(2010/8/10)より。
  3. ^ ABCラジオ道上洋三アナ、髄膜腫治療のため休養へ(『日刊スポーツ2018年6月18日付記事)
  4. ^ ABCが番組出演者変更、局アナ感染踏まえ検査強化(『日刊スポーツ2020年8月2日付記事)
  5. ^ 『堀江政生のザ・シンフォニーホールアワー』2020年4月12日放送分のセルゲイ・ラフマニノフ特集に、解説役として親子で共演。
  6. ^ 高校時代からロシアに留学中。夏季休暇で日本へ帰国していた2018年8月10日・2019年8月13日には、『おはようパーソナリティ道上洋三です』のパーソナリティ代理を堀江が務めていたことから、同番組のスタジオ見学を兼ねて放送中に「クラリネット・ポルカ」(番組テーマソング)「阪神タイガースの歌」(六甲おろし)などのピアノ生演奏を披露した。
  7. ^ 朝日新聞2009年9月3日付の政治面「政策ウォッチ」に、政治記者として初めての署名原稿「総選挙演説 人の心つかめなかった首相」が掲載された。同年12月1日付の特集「事業仕分け 論戦9日間」に、第2ワーキンググループ担当記者として記事を寄稿。アナウンサーの立場から、同グループでの議論の進行に疑問を投げ掛けていた。
  8. ^ 『朝日新聞』 2010年1月13日付朝刊政治面に掲載された自身の署名記事『「反日米同盟・反財界」共産党大会で民主との違い強調』より。
  9. ^ 『堀江政生のほりナビ!!』の本番(『ABCフレッシュアップベースボール』ナイトゲーム中継の延長によって放送できない場合にはスタンバイ)終了後にナレーションを収録