堀江良一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

堀江 良一(ほりえ りょういち、1955年昭和30年)4月15日 - )は、日本外交官。駐ケニアセーシェルソマリアエリトリア特命全権大使

経歴・人物[編集]

東京都出身。1979年(昭和54年)創価大学法学部を第5期生として卒業し、外務省に入省した[1]。外務省北米局日米安全保障条約課企画官、総理府国際平和協力本部事務局参事官、ボスニア・ヘルツェゴビナ国際平和協力隊隊長、外務省大臣官房国内広報課長、在インド日本国大使館公使外務省大臣官房審議官法務省大臣官房審議官(入国管理局担当)。2012年平成24年)外務省大臣官房付を経て、同年4月11日からスーダン駐箚特命全権大使[2]2014年(平成26年)8月31日依願退官。2016年(平成28年)4月19日からミクロネシア駐箚特命全権大使を務め、2017年(平成29年)には、ミクロネシアチューク州のでごみ処理の支援事業を行っていた八王子市石森孝志市長を、母校創価大学の馬場善久学長とともに訪問し、「市が対応していただけるのは大変ありがたい」と感謝の意を表明した[3]2019年(令和元年)6月7日からケニア駐箚特命全権大使[4][5]。同年8月30日から兼駐セーシェル特命全権大使兼駐ソマリア特命全権大使[6]2020年(令和2年)2月から駐エリトリア特命全権大使を兼務[7]

同期[編集]

( )は現在の役職

脚注[編集]

  1. ^ 「講演会・最終講義」創価大学
  2. ^ (日本語) レバノン大使に大塚氏、スーダン大使に堀江氏”. 日本経済新聞 (2012年4月3日). 2014年3月31日閲覧。
  3. ^ ミクロネシア大使、東京・八王子市表敬 ごみ処理支援で学生現地に 来年から毎日新聞2017年12月22日 15時00分
  4. ^ 人事、外務省 日本経済新聞(2019/6/7 18:23)
  5. ^ 「ケニアの新しい大使に堀江良一氏」NHK2019年6月7日 12時21分
  6. ^ 「スイス大使に読売新聞グループ会長を起用へ」NHK政治マガジン2019年8月30日
  7. ^ ベトナム大使に山田氏2月7日(金)9時2分 時事通信