堀直泰

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
堀直泰
時代 江戸時代中期
生誕 元文3年(1738年
死没 安永8年6月2日1779年7月15日
別名 靱負(通称
越後村松藩世嗣
氏族 堀氏
父母 堀直堯津治姫
兄弟 直泰松平信義、浅野長致、直行、
本多成孝、直教堀直堅正室
板倉勝澄
加藤泰温
直方、井上正満室、堀直教養女、
井上正意継室
テンプレートを表示

堀 直泰(ほり なおやす)は、江戸時代中期の越後国村松藩の世嗣。通称は靱負。

略歴[編集]

越後村松藩5代藩主・堀直堯の長男として誕生。母は松平頼貞の娘・津治姫

村松藩嫡子だったが、襲封前に父に先立って死去した。末弟・直教が代わって嫡子となった。長男・直方は直教の世子となり、家督を継いでいる。

系譜[編集]