堀秀彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

堀 秀彦(ほり ひでひこ、1902年3月10日 - 1987年8月27日)は、日本の哲学者・評論家

人物・来歴[編集]

石川県金沢市生まれ。旧制松本高校文科甲類を経て1927年東京帝国大学文学部哲学科卒。1958年東洋大学教授、のち学長。

数多くの人生論、幸福論、女性論を書いて人気があった。1980年に新聞連載した『銀の座席』で老いの問題を論じて反響を呼んだ。

著書[編集]

  • 『教育学以前』古今書院, 1940
  • 『結婚の真実』教材社, 1940
  • 『恋愛の道徳』教材社, 1941
  • 『人生論断章』須磨書房, 1943
  • 『東洋的思索』明光堂書店, 1943
  • 『子供の指導読本』真光社, 1948
  • 『人生探求者のノート』大東出版社, 1948
  • 『近代を切りひらいた人々』三省堂出版, 1950
  • 『配偶者を選ぶ法』池田書店 1951。のち改題「愛する人を選ぶには」
  • 『男と女の心理』池田書店, 1952
  • 『女を知る法』池田書店, 1953
  • 『結婚読本』要書房, 1953
  • 『女性のための人生論』角川書店(角川新書) 1954
  • 『恋愛 そのロマンと真実』社会思想研究会出版部(現代教養文庫) 1955
  • 『論語は生きている』河出書房 1956
  • 『ことばの手帖』春陽堂書店 1957
  • 『女性についての103章』春陽堂書店, 1957
  • 『現代に生きる古典』春陽堂書店, 1958
  • 『友情論』角川書店(角川新書) 1958
  • 『花とローマ人 三つの人生論』池田書店 1959
  • 『男というもの』東都書房, 1959
  • 『性の倫理』青春出版社(青春教養大系) 1959
  • 『思考と信仰 日本人の生き方』新潮社 1962
  • 『職場の中の人間関係』池田書店, 1962
  • 『高校生として考えるために』青春出版社, 1962
  • 『私たちはみんな悩みをもっている』東都書房, 1963
  • 『母親の生き方』大和書房 1964
  • 『夫の心理・妻の心理』サンケイ新聞出版局, 1964
  • 『人づき合いに困らない本』青春出版社(青春新書) 1964
  • 『女性のための71章』大和書房, 1964
  • 『現代人生論全集6 堀秀彦集』雪華社, 1965。復刻「私の人生論6 堀秀彦」日本ブックエース, 2010
  • 『「女の悲しみ」について』日本文芸社 1966
  • 『主婦のための人生論』大和書房 (銀河選書) 1966
  • 『女子高校生のための21章』大和書房, 1967
  • 『堀秀彦人生論集』全4冊 大和書房, 1968-69
  • 『心にのこる言葉』大和書房, 1968
  • 『堀秀彦女性論集』全3冊 大和書房, 1969-70
  • 『この本を見よ』雪華社, 1970
  • 『終着駅の近くで』地産出版, 1975
  • 『年齢をとるということ』光文社カッパ・ブックス, 1979
  • 『銀の座席』朝日新聞社 1981
  • 『教育について、年来考えたこと』金子書房, 1982
  • 『この女たちの愛と人生』グラフ社 1982
  • 『石の座席』朝日新聞社, 1984
  • 『セックスとギャンブル』人間と歴史社, 1986
  • 『死の川のほとりにて』作品社 1987
  • 『死への彷徨 思索と人生』人間と歴史社 1987

共著編[編集]

翻訳[編集]

参考文献[編集]

  • 荻上悦子著「春寂寥 旧制松本高等学校人物誌」 2008年