この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

堀越哲二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

堀越 哲二(ほりこし てつじ、1948年2月7日 - )は、日本の元・学校経営者。群馬県に本部を持つ学校法人堀越学園の元理事長、創造学園大学の前学長。高崎保育専門学校元学校長、創造学園大学附属高等学校元校長。なお、小池哲二(こいけ てつじ)、小池大哲(こいけ だいてつ)、堀越大哲とも名乗っていた、あるいは名乗っている。

経歴

  • 1948年(昭和23年)2月7日生まれ。旧姓、小池哲二。
  • 1966年(昭和41年) - 小樽商科大学入学。
  • 1970年(昭和45年) - 小樽商科大学卒業。同年大阪府吹田市役所入職。
  • 1977年(昭和52年) - 事務局長を経て、堀越学園理事就任[1]
  • 1981年(昭和56年) - 高崎短期大学開学と同時に副学長就任[1]
  • 1992年(平成4年) - 政党「発明政治」(代表・ドクター中松)より第16回参議院議員通常選挙比例選挙区から立候補、落選。
  • 2002年(平成14年) - 堀越家の養子となる[1]
  • 2004年(平成16年) - 創造学園大学開学により学長就任。
  • 2006年(平成18年) - 堀越久良の死去により堀越学園理事長就任。第14代堀越久左衛門家当主を引き継ぐ[2]
  • 2011年(平成23年) - 一連の不祥事の責任を取って堀越学園理事長を辞任[3]
  • 2012年(平成24年) - 経営悪化の責任などを理由に創造学園大学学長を解任され、学園理事も失職[4]。また、学長と兼任していた創造学園大学教授の職も解雇される[5]。11月30日には横領容疑で逮捕される[6]
  • 2013年(平成25年) - 書類偽造で再逮捕[7]
  • 2016年(平成28年) - 2月16日、破産法違反などの罪で実刑が確定[8]。前述の横領の罪の執行猶予も取り消され、合計6年4ヶ月の懲役刑となった。

大学での授業

名前について

  • 小池哲二(旧本名)
  • 小池大哲(旧本名時代の出家名)
  • 堀越哲二(現在の本名)
  • 堀越大哲(学長名、理事長名)

その他

本人によると、高校時代1年以上不登校生徒であり、赤面恐怖症統合失調症に近かったと告白している[10]

参考文献

脚注

  1. ^ a b c “堀越学園:大島氏側・堀越氏側、歩み寄りの気配なく 学長室支配巡り”. 毎日新聞(地方版・群馬). (2012年7月31日). http://mainichi.jp/area/gunma/news/20120731ddlk10100123000c.html 2012年10月26日閲覧。 
  2. ^ 邦楽の友メールマガジン第238号”. 邦楽の友社 (2006年7月7日). 2012年10月26日閲覧。
  3. ^ “堀越学園理事長が辞任 後任に中国籍の王氏 一連の混乱で引責”. 読売新聞(東京朝刊・群馬西): p. 35. (2011年1月26日)  - ヨミダス歴史館にて閲覧
  4. ^ “創造学園大学長解任”. 読売新聞(東京朝刊): p. 37. (2012年1月11日)  - ヨミダス歴史館にて閲覧
  5. ^ “堀越学長解任 「再生期待」「反撃心配」 学園関係者 反応分かれる”. 読売新聞(東京朝刊・群馬西): p. 35. (2012年1月11日)  - ヨミダス歴史館にて閲覧
  6. ^ “群馬の堀越学園元理事長を逮捕 古美術品横領の疑い”. 共同通信社. 47NEWS. (2012年11月30日). http://www.47news.jp/CN/201211/CN2012113001001146.html 2012年11月30日閲覧。 
  7. ^ 堀越学園の元理事長らを書類偽造で再逮捕 毎日新聞、2013年12月4日、
  8. ^ 堀越学園元理事長 実刑確定へ 最高裁上告棄却 上毛新聞 2016年2月18日
  9. ^ 危ないと言われつつ意外と潰れない大学」記事・ランキングを徹底検証週刊東洋経済「危ない私大」記事・ランキングを徹底検証~不快感示す大学、東経記者は否定(2018.3.12アクセス)
  10. ^ 創造学園大学附属高等学校機関紙「創才」2008年(平成20年)第24号。