堀部久太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
堀部久太郎

堀部 久太郎(ほりべ きゅうたろう、1882年明治15年)7月9日[1]1941年昭和16年)2月5日[2])は、衆議院議員国民同志会)。彦根町長

経歴[編集]

滋賀県犬上郡彦根町(現在の彦根市)出身。1908年(明治41年)、早稲田大学政治経済科を卒業[3]一年志願兵として陸軍三等主計に任じられた[2]。彦根町会議員を経て、彦根町長を務めた[3]

1930年(昭和5年)、第17回衆議院議員総選挙に出馬し当選を果たした。

編著[編集]

  • 『大隈熊子夫人言行録』(賢婦伝刊行会、1933年)

脚注[編集]

  1. ^ 衆議院『第60回帝国議会衆議院議員名簿』、1931年。
  2. ^ a b 『衆議院議員名鑑』
  3. ^ a b 『大衆人事録』

参考文献[編集]

  • 帝国秘密探偵社編『大衆人事録 第3版』帝国秘密探偵社、1930年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度七十年史 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1962年。