堤礼実

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
つつみ れいみ
堤 礼実
プロフィール
愛称 つつみん、れいみん、つっつん
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 カリフォルニア州
生年月日 (1993-11-23) 1993年11月23日(27歳)
血液型 O型
最終学歴 大妻女子大学人間関係学部
勤務局 フジテレビジョン
部署 編成制作局アナウンス室
活動期間 2016年 -
ジャンル アナウンサー
公式サイト フジテレビ 堤礼実
出演番組・活動
出演中 みんなのKEIBA
めざまし8
アナウンサー: テンプレート - カテゴリ

堤 礼実(つつみ れいみ、1993年11月23日[1] - )は、フジテレビの女性アナウンサー

経歴[編集]

アメリカ合衆国カリフォルニア州サンノゼ出身で2歳半まで過ごし[2]、その後は埼玉県志木市育ち[3][4]

女子聖学院中学校・高等学校大妻女子大学人間関係学部人間関係学科(社会・臨床心理学専攻)卒業[5]

大学在学中にフジテレビのアナウンススクールに通い、2014年11月から2015年5月まで『BSフジNEWS』の第27期学生キャスターを務め、大学時代からストレートニュースのキャスターを担当していた[3]

2016年4月、アナウンサーとしてフジテレビ入社。

人物[編集]

自身の名前である「礼実」は、「礼儀正しく実る」という意味が込められている[2]

アナウンサーを志望した理由は、東日本大震災の際に現地に足を運び、自分なりの言葉で必死に伝えようとするアナウンサーの姿に衝撃を受け、大学で心理学を専攻して言葉の持つ力の大きさを知り、自身も言葉で何かを伝えられる仕事をしたいと思ったから[3]

3歳から13~14歳くらいまでクラシックバレエをやっていたため、ダンスをするのがとても好きで、ジャンルを問わず誰かが踊っているのを2,3回見ると、何となく覚えることができる[4]。特技として、振り付けなどを覚えるのが早いと答えている[6]

学生時代はダンス部に所属していた[2]

カラオケの十八番は、松田聖子の曲全般[2]

身長は163cm である。

普通自動車免許日本語検定3級、社会調査士の資格を所持している[6]

モットーは 「一瞬一瞬を大切に」、「意志のあるところに道はある」。

趣味は東宝などのミュージカル宝塚歌劇の鑑賞、ダンス、ハプスブルク家の歴史を調べること[6]

母親が宝塚歌劇団の大ファンだった影響で自身も宝塚のファンとなり、物心ついたときには劇場に行って母親と一緒に出待ちをしたりしていた[4]
男役では姿月あさと真琴つばさ高嶺ふぶき香寿たつきが特に好きで、娘役では花總まりの過去の映像をよく見ている。一番好きな作品は5歳のとき初めて見たハプスブルク家を題材とした「エリザベート[7]

好きな食べ物はチーズパクチー茄子タケノコ

苦手なものは虫、ゲテモノ料理である。

休日は家でゴロゴロするか、舞台を観に行くことが多いのだと言う。

現在の出演番組[編集]

過去の出演番組[編集]

同期入社[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 2017年8月6日放送分では夏季休暇の小澤陽子の代役として出演

出典[編集]

関連項目[編集]