堤規至

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

堤 規至(つつみ のりゆき、1963年5月11日 - )は、シンエイ動画デジタル班に所属する元アニメーター、現CGIクリエイターである。千葉県出身。

来歴・人物[編集]

エスパー魔美』ではチーフディレクターを務めた原恵一と共に当時若手の1人であったが、プロデューサーの別紙壮一総作画監督として抜擢(第7話までは作画監督補、第8話より富永貞義と共同で担当)。以降『チンプイ』や『21エモン』、『クレヨンしんちゃん』でアニメーターとして作画面から作品を支え続けた。

現在はアニメーター業から離れ[1]、映画『クレヨンしんちゃん』で制作デスクを務めていた柏原健二と共に「シンエイ動画デジタル班」として作品のCG制作やデジタルコンポジットを担当するCGIクリエイターとして活躍している。CGについては最初趣味で始めた物だったが、それを本郷みつるが「面白そうだ」と『クレヨンしんちゃん』に取り入れたのが始まりである。

現在参加する殆どの作品では本名の平仮名表記でクレジットされている。映画『クレヨンしんちゃん』などにおいては、堤のりゆきと表記していた時期もあった。

主な参加作品[編集]

テレビアニメ[編集]

劇場映画[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ドラえもん (2005年のテレビアニメ)』で制作デスクを務めた岡田麻衣子は「もう、やり尽くしたみたいなことは言っていましたね、作画としては」と語っている(『藤子不二雄FCネオ・ユートピア』52号P.57参照)。
  2. ^ 山本福雄と連名。
  3. ^ 絵コンテはつつみのりゆき、または堤のりゆき名義。CGは特番のアバンのみ。CGIクリエイターとなってからは作画としてテレビシリーズに参加はしていない。
  4. ^ 2011年11月25日放送「メカ・メーカー」を担当。クレジット上では「シンエイ動画」となっている(『藤子不二雄FCネオ・ユートピア』52号P.62参照)。2015年2月6日放送「恐竜ハンター」・3月13日放送「のび太のダンボール宇宙ステーション」では漢字表記で名前がクレジットされた。
  5. ^ この他、ヘンダー城の内部図解CGも担当している(ノークレジット)。

関連項目[編集]