尭延入道親王

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
尭延入道親王
続柄 霊元天皇第五皇子
称号 六宮
全名 周慶(ちかよし)
身位 親王
出生 延宝4年旧暦12月28日1677年1月31日
死去 享保3年旧暦11月29日1719年1月19日)(享年43)
父親 霊元天皇
母親 五条庸子
役職 天台座主
テンプレートを表示

尭延入道親王[1](ぎょうえん にゅうどう しんのう、正字体:堯延延宝4年旧暦12月28日1677年1月31日) - 享保3年旧暦11月29日1719年1月19日))は、江戸時代前期から中期にかけての入道親王。父は霊元天皇。母は五条庸子。幼名六宮。出家前は周慶親王(ちかよし しんのう)といった。

9歳のとき京都妙法院に入り、堯恕法親王に師事した。親王宣下を受けたのちに出家し、その後は3度天台座主を務めている。4代将軍徳川家綱の三十三回忌の法会、徳川家康の百回忌の法会では、その導師を務めている。

出典[編集]