報徳学園中学校・高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
報徳学園中学校・高等学校
Hotoku Gakuen junior high school and high school.JPG
過去の名称 報徳実業学校
報徳商業学校
国公私立の別 私立学校
設置者 学校法人報徳学園
校訓 校風三則の項を参照
設立年月日 1911年
創立者 大江市松
共学・別学 男女別学(男子校)
中高一貫教育 併設型
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
学期 2学期制
高校コード 28530H
所在地 663-8003
兵庫県西宮市上大市5丁目28-19
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

報徳学園中学校・高等学校(ほうとくがくえん ちゅうがっこう・こうとうがっこう)は兵庫県西宮市上大市にある私立中学校高等学校

二宮尊徳の教えを基本とし設立より100周年を越す伝統を有する男子校部活動では野球陸上競技ラグビーバスケットボールなどの特に運動部において全国的に有名。 また、進学指導にも力を入れている事でも知られている。

武庫川沿いに位置し、最寄り駅は阪急電鉄今津線甲東園駅

概要[編集]

二宮尊徳を敬愛し、その教えである報徳思想を実践していた神戸の実業家大江市松が「以徳報徳」の精神を身につけた青年を育成したいと願い、武庫郡御影町(現在の神戸市東灘区)に3年制の報徳実業学校を創立。校章の八重桜に「実」の文字はこの当時からの名残りである。その後商業学校、工業学校へと変遷し、戦後に西宮市に移転して普通高校に転換。

前述のように部活動は盛んで、特に硬式野球部(甲子園出場優勝2回、優勝1回)、陸上競技部(高校駅伝出場優勝6回)、ラグビー部(花園)、相撲(高校横綱4人)、少林寺拳法部(全国大会4回優勝)などが有名。

2003年にはII進コース(中学〜高校)、選抜特進コース(高校)を設立した。

制服は金ボタン5個の紺学ラン。食堂も設置。

校風三則[編集]

  1. 以徳報徳の道風を慕ふ
  2. 至誠勤労の良風を尚ぶ
  3. 分度推譲の美風を養ふ

沿革[編集]

発祥の地(神戸市東灘区御影中町)
  • 1911年 - 大江市松翁、御影町に報徳実業学校(3年制)設立。
  • 1919年 - 二宮尊徳の嫡孫二宮尊親校長就任。
  • 1924年 - 私立報徳商業学校に改称。
  • 1932年 - 神戸市青谷に移転。
  • 1944年 - 文部大臣の命により工業学校に転換。
  • 1947年 - 西宮の現在地に移転。報徳中学校認可。
  • 1952年 - 校名を報徳学園高等学校、報徳学園中学校と改称。
  • 1963年 - 商業科廃止。
  • 1977年 - 高等学校に文理コースを設置。
  • 1988年 - 高等学校の交換留学とホームステイ研修を開始。
  • 1989年 - 高等学校に国際コース設置。
  • 1995年 - 高等学校の文理・国際コースを改組し、特進コース設置。
  • 1998年 - 普通コースを進学コースに改称。
  • 1999年 - 中学校のイギリス語学研修を開始。
  • 2000年 - 特進コースにSクラスを設置。
  • 2003年 - 中学校にII進コース・I進コース、高等学校に選抜特進コースをそれぞれ設置。
  • 2008年 - 学園長に貝原俊民(元兵庫県知事)が就任。
  • 2011年 - 創立100周年。

学科[編集]

  • 選抜特進コース(高校)
  • 特進コース(高校)
  • 進学コース(高校)
  • II進コース・I進コース(中高一貫)

主な出身者[編集]

スポーツ[編集]

野球[編集]

ラグビー[編集]

陸上[編集]

その他[編集]

芸能[編集]

政治家[編集]

その他の分野[編集]

関連書籍[編集]

  • 『主役は君らだ!』(鶴谷邦弘(著)、講談社、1986/9、日体大を卒業後、母校に着任し、高校駅伝で史上初の3連覇を果たすまでの軌跡、ISBN 978-4062030120)

関連項目[編集]