報恩抄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

報恩抄(ほうおんしょう)は、1276年(建治2年)に日蓮が55歳の時、身延において述作し、安房国(現在の千葉県)清澄寺の故郷、道善房の供養のため浄顕房、義浄房のもとへ送付した書で、五大部、十大部の一つ。

関連項目[編集]