堺太陽光発電所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Crystal energy.svg 堺太陽光発電
電気事業者 関西電力
所在地 日本の旗 日本
大阪府堺市西区築港新町
1号機
出力 10,000 kW
燃料 太陽光
テンプレートを表示

堺太陽光発電所(さかいたいようこうはつでんしょ)は、大阪府堺市西区にある関西電力太陽光発電所。関西電力(建設・運営)と堺市(普及啓発事業)の共同実施。初の電力会社による大規模太陽光発電所。[1]

概要[編集]

発電設備[編集]

  • 面積:約20ha
  • パネル枚数:約7万4000枚
  • 発電出力:1万kw
  • 年間発電電力:約1,100万kwh
  • 年間二酸化炭素削減量:約4千t
  • 運転開始:2011年(平成23年)9月7日
第一区画及び第二区画はそれぞれ2010年10月と2011年3月に運転開始し[1][2]、2011年9月に全面運転を開始した[3]

経緯[編集]

  • 1974年:堺第7-3区埋立て処分事業開始
  • 2006年:廃棄物等受入埋立終了。
  • 2008年:堺第7-3区土地利用計画策定。
  • 2009年11月24日:工事着工。
  • 2010年10月5日:第1区画 営業運転開始(2,850kW、南西区画Lポンド)
  • 2011年3月8日:第2区画 営業運転開始(3,450kW、南東区画Kポンド)
  • 2011年9月7日:第3区画 営業運転開始(3,700kW、北区画のPポンド)

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 堺太陽光発電所の運転開始 関西電力、全国初 共同通信2010年10月5日配信
  2. ^ 関西電力 <堺太陽光発電所の概要>
  3. ^ 関電、堺太陽光発電所が1カ月前倒しで全面運転開始