塔世村

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
とうせむら
塔世村
廃止日 1909年4月1日
廃止理由 編入合併
津市、建部村、塔世村津市
現在の自治体 津市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 近畿地方東海地方
都道府県 三重県
安濃郡
塔世村役場
所在地 三重県安濃郡塔世村
 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト

塔世村(とうせむら)は三重県安濃郡にあった。現在の津市中心部の北東、概ね安濃川の河口左岸にあたる。

地理[編集]

歴史[編集]

  • 1889年明治22年)4月1日 - 町村制の施行により、塔世村・下部田村の各大部分(津市となった区域を除く)および中河原村の一部の区域をもって発足。
  • 1909年(明治42年)4月1日 - 津市に編入。同日塔世村廃止。

交通[編集]

鉄道路線[編集]

村域を関西鉄道の津支線(現・紀勢本線)が通過したが、駅は所在しなかった。

道路[編集]

現在の町名[編集]

  • 大字塔世 - 愛宕町、相生町、鳥居町(一部)、広明町(一部)、東新町塔世
  • 大字下部田 - 鳥居町(残部)、広明町(残部)、羽所町、大谷町(一部)、栄町(一部)、上浜町(一部)、桜橋(一部)、島崎町(一部)

栄町・上浜町・桜橋の丁目別の沿革は不詳。もともと津城下の町方にも地籍は村だった区域があり、境界は錯綜をきわめた。

参考文献[編集]

関連項目[編集]