塚原葦穂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

塚原 葦穂(つかはら あしほ、1888年 - 1965年)は、日本の政治家、教育者。長野県諏訪市長。

来歴[編集]

長野県諏訪郡豊平村(現茅野市)生まれ。旧制諏訪中学(長野県諏訪清陵高等学校)を経て、長野師範学校卒業。諏訪郡高島小学校訓導、同郡宮川小学校長、上高井郡視学、長野県視学を経て、昭和8年(1933年)高島小学校長兼高島裁縫専修学校長となる。また諏訪教育会長として、二・四事件の事後処理に奔走した。また郷土史研究に力を入れ、『諏訪史』の編集刊行に尽力し、同12年(1937年)第2巻後編の刊行代表者を務めた。また同年から『諏訪史料叢書』の刊行に当たった。

同22年(1947年)に施行された初の公選による諏訪市長選挙で当選し、戦後の財政難の下で、教育費の増額を図った。その他、長野県人事委員会委員、諏訪市社会福祉協議会長、UNESCO諏訪市部長などを歴任した。

参考文献[編集]