塚原隆明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
塚原隆明 Sumo pictogram.svg
基礎情報
四股名 塚原隆明
本名 塚原隆明
生年月日 (1999-10-12) 1999年10月12日(21歳)
出身 日本の旗 日本埼玉県越谷市
身長 190cm
体重 141kg
所属部屋 春日野部屋
成績
現在の番付 西幕下14枚目
最高位 東幕下4枚目
生涯戦歴 75勝51敗(18場所)
優勝 序二段優勝1回
序ノ口優勝1回
データ
初土俵 2017年11月場所
備考
2021年3月1日現在
テンプレート  プロジェクト 相撲

塚原 隆明(つかはら たかあき 、1999年10月12日 - )は、埼玉県越谷市出身で、春日野部屋所属の現役大相撲力士。本名同じ。身長190cm、体重141kg。最高位は東幕下4枚目(2019年11月場所)。

来歴[編集]

入間市の入間少年相撲クラブ出身。入間市立黒須中学校3年時の2014年度全国中学校相撲選手権大会個人戦で優勝し、中学生横綱の称号を得る。同大会の団体戦でも優勝した。高校は埼玉栄高校に進み、高校の同級生には琴勝峰王鵬がいた[1]

高校卒業後は春日野部屋に入門し、高校在学中の2017年11月場所に初土俵を踏んだ。序ノ口についた2018年1月場所は6勝1敗の成績で序ノ口優勝決定戦に進出したが、高校の同級生である(当時は高校卒業前)琴手計(後の琴勝峰)との対戦になり[2]、勝って序ノ口優勝を果たした。なお、琴手計とは本割の4番目で対戦し敗れていた。翌3月場所は序二段に番付を上げ、1番目で琴手計に勝利し7勝全勝とし、序二段優勝を果たした。5月場所で三段目に昇進。2019年11月場所では東幕下4枚目に番付を上げ、4番相撲を終えて3勝1敗としたが、そこから3連敗で負け越しに終わった。

主な成績[編集]

通算成績[編集]

2021年1月場所終了現在

  • 通算成績:75勝51敗(18場所)

各段優勝[編集]

2020年7月場所終了現在

  • 序二段優勝:1回(2018年3月場所)
  • 序ノ口優勝:1回(2018年1月場所)

場所別成績[編集]

塚原隆明
一月場所
初場所(東京
三月場所
春場所(大阪
五月場所
夏場所(東京)
七月場所
名古屋場所(愛知
九月場所
秋場所(東京)
十一月場所
九州場所(福岡
2017年
(平成29年)
x x x x x (前相撲)
2018年
(平成30年)
西序ノ口20枚目
優勝
6–1[注釈 1]
東序二段42枚目
優勝
7–0
西三段目42枚目
4–3 
西三段目27枚目
3–4 
東三段目46枚目
6–1 
東幕下57枚目
5–2 
2019年
(平成31年
/令和元年)
東幕下39枚目
4–3 
東幕下30枚目
4–3 
西幕下24枚目
6–1 
西幕下7枚目
2–5 
東幕下15枚目
5–2 
東幕下4枚目
3–4 
2020年
(令和2年)
東幕下7枚目
2–5 
西幕下15枚目
4–3 
新型コロナウイルス
拡大により中止
東幕下12枚目
4–3 
西幕下7枚目
3–4 
西幕下14枚目
4–3 
2021年
(令和3年)
西幕下9枚目
3–4 
西幕下14枚目
 
x x x x
各欄の数字は、「勝ち-負け-休場」を示す。    優勝 引退 休場 十両 幕下
三賞=敢闘賞、=殊勲賞、=技能賞     その他:=金星
番付階級幕内 - 十両 - 幕下 - 三段目 - 序二段 - 序ノ口
幕内序列横綱 - 大関 - 関脇 - 小結 - 前頭(「#数字」は各位内の序列)

改名歴[編集]

  • 塚原隆明(つかはら たかあき)2017年11月場所 -

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 序ノ口優勝決定戦で琴手計に勝利

出典[編集]

関連項目[編集]