塚川孝輝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
塚川 孝輝 Football pictogram.svg
名前
カタカナ ツカガワ コウキ
ラテン文字 TSUKAGAWA Koki
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1994-07-16) 1994年7月16日(25歳)
出身地 広島県
身長 184cm
体重 73kg
選手情報
在籍チーム 日本の旗 FC岐阜
ポジション MF(DMF) / DF(CB)
背番号 38
利き足 右足
ユース
サンフレッチェ広島ジュニアユース
2010-2012 広島県立広島観音高等学校
2013-2016 流通経済大学
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2017-2018 ファジアーノ岡山 66 (5)
2019- 松本山雅FC 3 (0)
2019- FC岐阜 (loan)
1. 国内リーグ戦に限る。2019年7月10日現在。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

塚川 孝輝(つかがわ こうき、1994年7月16日 - )は、広島県出身のプロサッカー選手JリーグFC岐阜所属。ポジションはミッドフィールダー(DMF)、ディフェンダー(CB)。

来歴[編集]

プロ入り前[編集]

サンフレッチェ広島のジュニアユースチームから、広島県立広島観音高等学校を経て流通経済大学に進学。在学中は2014年総理大臣杯全日本大学サッカートーナメント全日本大学サッカー選手権大会を制するなど、タイトル獲得に貢献。4年次には主将を務めるなど、チームの中心選手として活躍した。また、2014年から2016年に掛けて、3年連続でデンソーカップチャレンジ関東選抜の一員として選出。2016年度の同大会ではベストイレブンを受賞するなど、関東大学リーグを代表するディフェンダーとして名を馳せた。2016年7月、来年度からのファジアーノ岡山への加入が内定したことが発表された[1]

ファジアーノ岡山[編集]

2017年3月5日に行われたJ2第2節の対熊本戦(H)において後半途中から投入され、Jリーグデビューを飾る。5月3日に行われた第12節の対徳島戦(H)では、枠を外れた軌道であった味方(パク・ヒョンジン)のミドルシュートをヒールで触って軌道を変え、ゴールインさせるという意表を突いたような形で初得点を記録。その後も出場を重ねて主力として定着し、ルーキーでありながら2ボランチの一角としての地位を確立。大学時代とは異なる起用法であったものの、同年は最終的にリーグ戦34試合に出場し、2得点を挙げる活躍を見せた。

2年目となった2018年シーズンは、背番号を石毛秀樹の退団により空き番となった8に変更。開幕戦となった2月25日の対徳島戦(A)にボランチとしてフル出場し、前半にセットプレーからチームの本年度初得点、そして先制かつ決勝点となる貴重な1点を挙げ、勝利に貢献した。

松本山雅FC[編集]

2019年松本山雅FCへ完全移籍[2]。自身初のJ1リーグでのプレーとなったが、リーグ戦3試合の出場に留まり、同年7月にFC岐阜へ期限付き移籍した[3]

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2015 流経大 4 - - - 2 0 2 0
2017 岡山 27 J2 34 2 - 1 0 35 2
2018 8 32 3 - 0 0 32 3
2019 松本 17 J1 3 0 6 0 1 0 10 0
岐阜 38 J2 - -
通算 日本 J1 3 0 6 0 1 0 10 0
日本 J2 66 5 - 1 0 67 5
日本 - - 2 0 2 0
総通算 69 5 6 0 4 0 79 5

タイトル[編集]

クラブ[編集]

流通経済大学

代表・選抜歴[編集]

  • 2014、15年度デンソーカップチャレンジ関東選抜B
  • 2016年度デンソーカップチャレンジ関東選抜A

脚注[編集]

関連項目[編集]