塚本明毅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

塚本 明毅(つかもと あきかた[1]天保4年10月14日1833年11月25日) - 明治18年(1885年2月5日)は幕末から明治期の日本の官吏、数学者は桓甫、は寧海。

明治5年~明治6年の改暦を建議(グレゴリオ暦#日本におけるグレゴリオ暦導入)、また紀元節の期日決定に関わった。

学歴[編集]

職歴[編集]

著書[編集]

  • 『筆算訓蒙』
  • 『日本地誌提要』

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 明毅自筆の「塚本系譜」にカタとフリガナを振っている。塚本学『塚本明毅―今や時は過ぎ、報国はただ文にあり』ミネルヴァ書房、2012年9月、3頁。ISBN 978-4623064090。

関連項目[編集]