塚本清治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
塚本清治

塚本 清治(つかもと せいじ、1872年12月5日明治5年11月5日)-1945年昭和20年)7月11日)は、明治から昭和にかけての内務官僚政治家

経歴[編集]

兵庫県揖東郡旭陽村(現在の姫路市)出身。初めは河田姓を名乗っていたが、1884年に塚本家の養子に入った。第三高等学校を経て東京帝国大学法科大学を卒業、1902年11月の高等文官試験に合格した。初め東京府職員であったが、翌年には内務省に移籍して、以後1915年神社局長、1920年に地方局長、1922年に社会局長を務め、1923年第2次山本内閣成立と同時に内務次官に任じられた。同内閣崩壊後にこれを辞し、1924年加藤高明内閣発足とともに法制局長官に任じられ、途中1925年8月に内閣書記官長に転じて、引き続き第1次若槻内閣でも同職にあった。1926年1月、貴族院議員に勅撰されて同成会に属した[1]1931年関東長官に任じられる。貴族院議員在職中に死去した[1]

著作[編集]

  • 『神社に関する注意』神社協会事務所、1916年。

栄典[編集]

位階
勲章等

脚注[編集]

  1. ^ a b 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』140頁。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t 故従三位塚本清治位階追陞の件』 アジア歴史資料センター Ref.A12090674500 
  3. ^ 『官報』第5605号「叙任及辞令」1945年9月17日。
  4. ^ 『官報』第1499号・付録「辞令二」1931年12月28日。

参考文献[編集]

  • 『大正人名辞典 Ⅱ・下』日本図書センター、1989年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 院内会派編 貴族院・参議院の部』大蔵省印刷局、1990年。


公職
先代:
江木翼
日本の旗 内閣書記官長
第27代:1925 - 1927
次代:
鳩山一郎
先代:
佐竹三吾
日本の旗 法制局長官
第23代:1924 - 1925
次代:
山川端夫
先代:
井上孝哉
日本の旗 内務次官
第26代:1923 - 1924
次代:
井上孝哉