塚本隆史

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

塚本 隆史(つかもと たかし、1950年(昭和25年)8月2日 - )は、日本の銀行家。みずほフィナンシャルグループ会長やみずほ銀行頭取を歴任した。

来歴・人物[編集]

東京都出身。京都大学法学部卒業後、第一勧業銀行入行。大学時代のクラスメートには杉本和行が居り、当時から親交が深かったという[1]。1982年ハーバード大学ハーバード・ビジネス・スクール卒業。ハーバードでのクラスメートには進藤孝生新日鐵住金社長や、金田新・元日本放送協会専務理事がいる[2]

2009年、旧富士銀行出身の前田晃伸の後継として、みずほフィナンシャルグループ社長に昇格する[3]。翌年には、中期経営計画である「みずほの変革プログラム」[4]を打ち出し、首都圏での法人・個人取引や対大企業ビジネス、さらには成長地域であるアジアでの取引拡大などを強化していく方針をとった。

2011年に発生した、みずほ銀行のシステムトラブルに伴い、グループのトップとしてのけじめと子会社であるみずほ銀行のトラブル収拾に当たることを理由とした人事に伴ってFGでは代表権を返上。会長に退き、同時にみずほ銀行頭取に就任[5][6]

2009年度から義務付けられた役員報酬開示制度では、2009年度に1億1400万円の役員報酬を、2012年1億1600万円の役員報酬を受けたことが公表された[7]

2013年7月1日付で、新発足となるみずほ銀行の代表権のない会長に就任するも[8]、同年11月1日、みずほ銀行暴力団融資事件の責任をとるため同行会長を辞任。2014年3月の年度末をもってみずほフィナンシャルグループの会長職を辞任した[9][10][11]

略歴[編集]


脚注[編集]

  1. ^ “お客さまがいるなら、地の果てまで行け:みずほFG社長”. プレジデントオンライン. (2012年1月3日). http://president.jp/articles/-/5214 2013年10月22日閲覧。 
  2. ^ 「ラガーマン、鉄の絆 新日鉄住金・進藤流人脈づくり 異色の総務畑社長、囲む輪」日本経済新聞2014/4/11
  3. ^ みずほフィナンシャルグループの役員異動のお知らせ (PDF)”. 株式会社みずほフィナンシャルグループ (2009年1月16日). 2013年10月22日閲覧。
  4. ^ 〈みずほ〉の「変革」プログラム (PDF)”. 株式会社みずほフィナンシャルグループ (2010年5月14日). 2014年1月25日閲覧。
  5. ^ みずほフィナンシャルグループの役員異動のお知らせ (PDF)”. 株式会社みずほフィナンシャルグループ (2011年5月23日). 2014年1月25日閲覧。
  6. ^ “みずほ銀・コーポ銀、合併へ システム障害で体制刷新”. 日本経済新聞. (2011年5月18日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASGC1701S_X10C11A5MM8000/ 2014年1月25日閲覧。 
  7. ^ 「"年収1億円超"の上場企業役員443人リスト」東洋経済オンライン2015年03月18日
  8. ^ “みずほFG<8411.T>、佐藤社長が合併1バンクの頭取を兼務”. ロイターニュース. (2013年2月8日). http://jp.reuters.com/article/idJPTK061047520130208 2013年10月22日閲覧。 
  9. ^ “みずほFG会長が辞任へ 暴力団融資、銀行に一部業務停止”. 共同通信. (2013年12月26日). http://www.47news.jp/CN/201312/CN2013122601001531.html 2014年1月28日閲覧。 
  10. ^ “みずほ銀に一部業務停止命令 試される経営改革の本気度”. ダイヤモンドオンライン. (2013年12月27日). http://diamond.jp/articles/-/46675 2014年1月28日閲覧。 
  11. ^ 当社および当行役員の追加処分について (PDF)”. 株式会社みずほフィナンシャルグループ 株式会社みずほ銀行 (2013年12月26日). 2014年1月28日閲覧。
  12. ^ イオン | 株主・投資家の皆さまへ | 経営方針 | 取締役・執行役の紹介|
先代:
前田晃伸
みずほフィナンシャルグループ社長
第2代
次代:
佐藤康博
先代:
西堀利
みずほ銀行(2002年-2013年)頭取
第4代
次代:
(法人格消滅に伴い最後の頭取)