塩化バナジウム(IV)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
塩化バナジウム(IV)
識別情報
CAS登録番号 7632-51-1 チェック
PubChem 24273
ChemSpider 19956660 チェック
RTECS番号 YW2625000
特性
化学式 VCl4
モル質量 192.75 g/mol
外観 湿気に敏感な明赤色液体
密度 1.816 g/cm3, 液体
融点

−28 °C

沸点

154 °C

への溶解度 分解
他の溶媒への溶解度 クロロカーボン
蒸気圧 7.9 Pa
構造
配位構造 四面体形
双極子モーメント 0 D
危険性
EU Index Not listed
主な危険性 酸化剤 (O)
加水分解して塩化水素を発生
NFPA 704
NFPA 704.svg
0
3
2
W
関連する物質
その他の陰イオン フッ化バナジウム(IV)
硫化バナジウム(IV)
臭化バナジウム(IV)
その他の陽イオン 塩化チタン(IV)
塩化クロム(IV)
塩化ニオブ(IV)
塩化タンタル(IV)
関連物質 塩化バナジウム(III)
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

塩化バナジウム(IV)(えんかバナジウム よん、: vanadium tetrachloride)は、化学式が VCl4 と表されるバナジウム塩化物である。四塩化バナジウムとも呼ばれる。明赤色の液体で、他のバナジウム化合物の合成に有用な試薬である。

合成と結合と基本的な性質[編集]

VCl4 は反磁性の塩化チタン(IV)に1電子付加した常磁性の液体である。常温で常磁性の液体はごくわずかしか存在しない。

VCl4 は金属バナジウムを塩素化することによって合成される。VCl5塩素酸化力が不十分なため、通常の状況下では合成することができない。これとは対照的に、より重いアナログ NbCl5 や TaCl5 は安定で、それほど酸化力はない。フッ素は塩素よりも酸化力があるため VF5 は安定に存在する。その酸化力を示すように、VCl4 は標準圧力下で沸点に達すると Cl2 を放出して塩化バナジウム(III)となる。

反応[編集]

その高い酸化力を反映し、VCl4 は-50 °CHBr と反応して VBr3 を与える。この反応は VBr4 を経由して進行する。VBr4 は不安定なため、室温で Br2 を放出する[1]

VCl4 は、多くのドナー配位子と VCl4(THF)2 のような錯体を形成する。また、二塩化バナドセンの前駆体でもある。

利用[編集]

VCl4アルケン類をポリマー化する、特にゴム産業で有用な触媒である。基本的なメカニズムはバナジウムアルキルを媒介するチーグラー・ナッタ触媒作用に関連している。

有機化学[編集]

この反応は、Cl2 による酸化が起こらないほどの VCl4 の酸化力を強調している。

安全性[編集]

VCl4 は揮発性で強力な酸化剤であり、容易に加水分解され HCl を発生する。

脚注[編集]

  1. ^ Calderazzo, F.; Maichle-Mossmer, C.; Pampaloni, G. and Strähle, J., "Low-temperature Syntheses of Vanadium(III) and Molybdenum(IV) Bromides by Halide Exchange", Journal of the Chemical Society, Dalton Transactions, 1993, pages 655-8.
  2. ^ M. K. O’Brien, B. Vanasse, “Vanadium(IV) Chloride” in Encyclopedia of Reagents for Organic Synthesis (Ed: L. Paquette) 2004, J. Wiley & Sons, New York.