塩尻市地域振興バス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

塩尻市地域振興バス(しおじりしちいきしんこうバス)は、長野県塩尻市が運営するコミュニティバスである。JR塩尻駅を中心とした路線設定が行われており、楢川線は大新東に、それ以外の路線はアルピコタクシーに運行を委託している。2005年の楢川村編入合併を受け、楢川村営バスを引き継いで塩尻駅まで延伸し、楢川線とした。

沿革[編集]

  • 1999年(平成11年)7月12日 - 塩尻市初の市営バスの運行を開始。当初は洗馬線、片丘線、塩尻東線、みどり湖・東山線の四路線のみ。
  • 1999年(平成11年)8月23日 - 宗賀線の運行を開始する。
  • 1999年(平成11年)8月30日 - 広丘・吉田線の運行を開始する。
  • 2001年(平成13年)4月2日 - 利用状況等検討したうえで本格的に運行。
  • 2005年(平成17年)4月1日 - 楢川村吸収合併に伴い楢川村地域振興バスを塩尻市に移管する。
  • 2006年(平成18年)10月20日 - 地域交通利用構想に基づき、中心市街地循環線の試行運行開始[1]
  • 2007年(平成19年)10月1日 - 地域交通利用構想に基づき、塩尻北部線、勝弦線の試行運行開始。また、その他路線の見直しを実施。
  • 2008年(平成20年)12月15日 - 運行ダイヤの一部改正を実施[2]
  • 2010年(平成22年)4月5日 - 運行ダイヤの一部改正を実施[3]
  • 2014年(平成26年)4月1日 - 運行ダイヤの一部改正を実施[4]
  • 2015年(平成27年)4月1日 - 運行ダイヤの一部改正を実施[5]
  • 2018年(平成30年)4月1日 - 運行ダイヤの一部改正と片丘線や楢川線、東山線、北小野線などルート変更を実施。

運行路線[編集]

次の路線が運行されている。なお、各路線の停車場、停車時刻及び路線図については、塩尻市役所のホームページ上で公開されている[6]

  • 広丘駅循環線
    • 塩尻駅前~市役所前~高校前~惣菜センター前~ふれあいセンター広丘(東廻りの始発便は経由せず)~歯科大前郷原簡易郵便局広丘駅西口~吉田原団地中~教習所前~吉田支所前~広丘駅東口~すみれの丘~ふれあい広場前~市営球場~ふれあいセンター広丘(東廻りの最終便は経由せず)~惣菜センター前~高校前~市役所前~塩尻駅前
      • 広丘・吉田両地区を、広丘駅を経由しながら大きく周回する路線。両廻り循環線で、上記の左から右に向かうのが西廻り、右から左に向かうのが東廻り。松本歯科大学郷原宿を経由する点は、かつての松本電鉄バス(以下松電バス)歯科大線を、引き継いでいるといえないことも無い。2010年4月5日から、路線名をそれまでの広丘・吉田線から現行のように変更し、広丘駅の駅前ロータリーに乗り入れるようになった。
  • 洗馬線
    • 塩尻駅前中南信運転免許センター東桔梗ヶ原~(→メルシャン前・←桔梗ヶ原病院前(最終便のみメルシャン前))~中原~琵琶橋東~旧本洗馬局前~予冷センター~旧原口郵便局前~上小センター(~大沢口~奥平)
    • 柏茂会館→上小センター→旧原口郵便局前→支所前→原村→太田→中原→桔梗ヶ原→塩尻駅前(始発便のみ)
      • 廃止された松電バス小曽部線を、しばらくして引き継いだ路線。ただし、中原~旧原口郵便局間は洗馬地区全域を大きく迂回するような路線設定となっている。2010年4月5日から、上小センターの起終点折り返しの系統や、洗馬地区内でかつての松電バス山形線・小曽部線と同様にショートカットの経路をとる系統が新設された。
  • 片丘線
    • 塩尻駅前~中部電力前~南熊井~下村~宮村~北熊井~片丘小学校前~大宮八幡~広丘駅東口~郵便局前~五千石~下村~南熊井~中部電力前~塩尻駅前
    • 塩尻駅前→中部電力前→南熊井→下村→町村→北熊井→郵便局前→片丘小学校前→倉村→百寿荘(午前便のみ経由)→中信松本病院→百寿荘(午後便のみ経由)→倉村→大宮八幡→片丘小学校前→郵便局前→北熊井→町村→下村→南熊井→中部電力前→塩尻駅前
      • 廃止された松電バス片丘線の塩尻市部分を、しばらくして引き継いだ路線。松本市部分は現在、松本電鉄バス内田線として運行されているが、内田線の独自区間である寿台東口~倉村間は欠損の一部を松本市が補助することによって、どうにか運行されている状態である。塩沢川南~百寿荘~荒井~倉村間で通る道は、かつて松電バス崖の湯線が経由しており、荒井停留所は崖の湯線廃止以来長らくの雌伏を経て復活した格好となっている。運行開始当初は大宮八幡までの運行であったが、現在は、昼間時間帯は中信松本病院方面に行く便が、朝夕は大宮八幡折り返しで広丘駅方面に行く便が運行されている。2010年4月5日から、広丘駅の駅前ロータリーに乗り入れるようになった。
  • 宗賀線
    • 塩尻駅前~市役所前~昭和電工前平出博物館前~洗馬局前~旧農協前~洗馬駅口~長瀬口~牧野原~本山仲町長泉院前~日出塩上
      • 松電バス日出塩線の廃止に伴って運行が始まった路線。塩尻西部中学校への通学を目的とした桔梗ヶ原経由の便が廃止された以外は、ほぼ同一の路線である。
  • みどり湖・東山線
    • 塩尻駅前~市役所前~塩尻営業所~小坂田公園口~下柿沢~高速バス停前社会福祉センター~東山上~御野立口
      • 松電バス国道塩尻線廃止以前から運行されていたが、下柿沢(現在の松金屋バス停)~東山(現在の東山上バス停)間は松電バスは地域振興バスよりも車両が大型な上に現在の該当路線の経路は狭すぎるため下柿沢を過ぎた所から国道20号方面へ登り、道の駅小坂田公園近辺から国道20号上を運行し、クリーンセンターの麓などを通っていた。一方、地域振興バスは現在のように細い農道上を運行している。このように両路線は別ルートで運行されていた。国道塩尻線が廃止されてから現在、国道20号上の一部区間に集落がないことからクリーンセンター近辺の代替交通はない。
  • 塩尻東線
    • 塩尻駅前~市役所前~下西条~常光寺入口みどりの郷前~東支所前~桟敷~協立病院前~中部電力前~市役所前~塩尻駅前
      • 2015年4月1日から、右廻り(桟敷先廻り・上記の右から左に向かう)の運行が開始された。(それまでは現行の左廻り(西条先廻り・上記の左から右に向かう)のみの運行であった。)
  • 楢川線
    • 塩尻駅前~市役所前~旧農協前~長瀬口~牧野原~本山仲町~長泉院前~桑崎口~贄川駅贄川関所~木曽くらしの工芸館~楢川支所~旭橋(一往復のみ平沢駅下経由)~楢川診療所~中学校前~奈良井駅権兵衛橋
    • (楢川診療所~奈良井駅~)権兵衛橋~羽淵(~萱ヶ平)
      • 楢川村の村営バスを引き継いだ路線。日曜祝日も運行されている。楢川村時代は、フリー乗降制度を採用していたが、塩尻市に合併された後は、路上における危険などの問題から、現在はフリー乗降路線ではなくなっている。なお、権兵衛橋~萱ヶ平間はデマンドバスであるが、朝の楢川診療所行きと夕方の羽淵行きのみ通常の路線バスとして運行されている。宗賀線と同じく塩尻市の南西方向に向かっているが、宗賀線に比べて停車する停留所は限られている。楢川村合併以前の運行エリアは権兵衛橋~栃洞沢と権兵衛橋~楢川村北西部だった。
  • 中心市街地循環線
    • 東廻り:塩尻駅前→市役所前→中部電力前→協立病院前→桟敷交差点→(小坂田公園→)高出→市営球場→惣菜センター前→桔梗ヶ原簡易郵便局→高校前→市役所前→塩尻駅前
    • 西廻り:塩尻駅前→市役所前→平出遺跡公園口→桔梗ヶ原→桔梗ヶ原病院前→歯科大東→惣菜センター前→桔梗ヶ原簡易郵便局→高校前→市役所前→塩尻駅前
      • 塩尻市中心市街地を活性化する目的で設定された路線。東廻り・西廻りと名付けられているが、広丘駅循環線等とは違い、双方の運行経路は完全に異なっている。東廻りの小坂田公園は夏期のみ経由する。
  • 北小野線
    • 塩尻駅前~市役所前~塩尻営業所~塩尻仲町~みどりの郷前~みどり湖口~塩嶺別荘口~地球の宝石館前~チロルの森(冬季休業時は経由せず)~小野駅~駐在所前~善知鳥峠~みどりの郷前~塩尻仲町~塩尻営業所~市役所前~塩尻駅前
      • 2015年4月1日から、上記の右から左に向かう古町先廻りの運行が開始された。(それまでは上記の左から右に向かう現行の勝弦先廻りのみの運行であった。)
  • 塩尻北部線
    • 塩尻駅前→市役所前→都市大塩尻高校前→芝茶屋→広丘駅東口→吉田→教習所前→松本病院前→吉田支所前→広丘駅東口→芝茶屋→都市大塩尻高校前→市役所前→塩尻駅前
      • 松電バス国道塩尻線の廃止に伴って運行が始まった路線である。6の字型の片回り循環線で、旧国立松本病院まで乗り入れている。(旧国立松本病院前のバス停は、松電バスは「村井松本病院」、地域振興バスは「松本病院前」、松本市西部地域コミュニティバスは「松本病院」と名称が異なるが、まったく同じ場所である。時間帯によっては乗り換えも可能)2010年4月5日から、広丘駅の駅前ロータリーに乗り入れるようになるとともに、田川高校前を経由していた経路が利用者低迷により廃止変更され、松本病院で折り返す経路に変更された。

その他[編集]

車両[編集]

信州アルピコタクシーに委託されている路線では、2004年(平成16年)7月頃に低床バリアフリー対応車が導入され、その後も徐々に導入されている。車両運用は限定されておらず、どの車も満遍なく市内全域に顔を見せている。

バス停[編集]

バス停は白く柱が銀色で上の丸い部分に描かれている葡萄と棒人間でできたキャラクターとすてっぷくんと描かれた茶色文字で書かれている。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 平成18年12月議会定例会市長総括説明
  2. ^ 塩尻市地域振興バス運行ダイヤの一部改正について”. 塩尻市役所 (2008年12月11日). 2009年1月10日閲覧。
  3. ^ 塩尻市地域振興バスの路線及び時刻を変更しました”. 塩尻市役所 (2010年3月23日). 2010年4月30日閲覧。
  4. ^ 塩尻市地域振興バス「すてっぷくん」の路線及び時刻”. 塩尻市役所 (2014年4月1日). 2014年10月24日閲覧。
  5. ^ 平成27年4月1日改正の変更点について”. 塩尻市役所 (2015年4月1日). 2015年7月30日閲覧。
  6. ^ 地域振興バス運行のご案内