塩州郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
塩州郡
位置
DPRK Pyongbuk-Yomju.PNG
各種表記
チョソングル: 염주군
漢字: 鹽州郡
片仮名転写: ヨムジュ=グン
ローマ字転写 (MR): Yŏmju kun
統計
行政
国: 朝鮮民主主義人民共和国の旗 朝鮮民主主義人民共和国
テンプレートを表示

塩州郡(ヨムジュぐん)は、朝鮮民主主義人民共和国平安北道の西部に位置する黄海に面する。

地理[編集]

北に龍川郡、東に東林郡、東南に鉄山郡がある。

郡の西部に多獅労働者区があり、工業・港湾地区となっている。鉄道によって新義州に結びついており、多獅労働者区の一部は新義州特別行政区に指定されている。

行政区画[編集]

1邑・1労働者区・22里を管轄する。

  • 塩州邑(ヨムジュウプ)
  • 多獅労働者区(タサロドンジャグ)
  • 南鴨里(ナマムニ)
  • 内中里(ネジュンニ)
  • 道峯里(トボンニ)
  • 東鉢里(トンバルリ)
  • 東城里(トンソンニ)
  • 蓮谷里(リョンゴンニ)
  • 蓮山里(リョンサンニ)
  • 龍北里(リョンブンニ)
  • 龍山里(リョンサンニ)
  • 盤谷里(パンゴンニ)
  • 盤弓里(パングンニ)
  • 三价里(サムゲリ)
  • 西林里(ソリムニ)
  • 石巌里(ソガムニ)
  • 信井里(シンジョンニ)
  • 外下里(ウェハリ)
  • 仁光里(イングァンニ)
  • 做義里(チュイリ)
  • 中虎里(チュンホリ)
  • 下石里(ハソンニ)
  • 鶴巣里(ハクソリ)
  • 香峯里(ヒャンボンニ)

歴史[編集]

現在の塩州郡の範囲は、かつての龍川郡の南半分にあたり、1952年に新設されたものである。

日本の植民地時代に多獅島に工業地帯が作られた。

年表[編集]

この節の出典[1]

  • 1952年12月 - 郡面里統廃合により、平安北道龍川郡外下面・外上面・内中面および府羅面の一部、鉄山郡西林面の一部地域をもって、塩州郡を設置。塩州郡に以下の邑・里が成立。(1邑21里)
    • 塩州邑・仁光里・三价里・外下里・内中里・龍山里・信井里・龍北里・香峯里・蓮山里・西林里・中虎里・做義里・盤弓里・東鉢里・下石里・鶴巣里・盤谷里・東城里・道峯里・蓮谷里・多獅里
  • 1954年 - 外下里の一部が分立し、南鴨里が発足。(1邑22里)
  • 1972年 - 多獅里が多獅労働者区に昇格。(1邑1労働者区21里)
  • 1988年 - 盤弓里・鶴巣里・下石里の各一部が合併し、石巌里が発足。(1邑1労働者区22里)
  • 2002年9月12日 - 郡域の一部が新義州特別行政区に指定される。(1邑1労働者区22里)
    • 指定される地域は多獅労働者区・石巌里の各一部である。

交通[編集]

脚注[編集]