塩橋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内, 検索

塩橋(えんきょう)は、化学用語。電気化学生化学で異なる意味を持つ。

電気化学

電気化学における塩橋は、陽極と陰極の半電池を結ぶ伝導性の相。

ガルバニ電池#概要 を参照。

生化学

生化学における塩橋は、タンパク質の中でカチオン性の残基(アルギニンリシン)とアニオン性の残基(アスパラギン酸グルタミン酸)の間に働く弱いイオン性相互作用のこと。タンパク質の高次構造を安定化させる。


過去1時間の間にもっとも読まれた記事
野村昭子 安藤遥 ショーンK 1969年 ハプスブルク占領下のセルビア (1788年-1792年) 桜井日奈子 福島千里 羽賀研二 太賀 脇屋友詞 神尾佑 池内淳子 野村周平 東京都財務局 愛川欽也 東京佼成ウインドオーケストラ 中野英雄 技監 賀来千香子 増田俊樹
「塩橋」のQ&A
1  塩橋の太さについて
2  塩橋について
3  ダニエル電池等で使う塩橋について
モバイル版goo wikipedia提供中!
↓↓↓下記QRコードからアクセス↓↓↓
モバイル版goo wikipedia QRコード
Wikipedia記事検索について