塩田忠左衛門 (先代)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

先代塩田 忠左衛門(しおた ちゅうざえもん、1843年2月27日天保14年1月29日[1][2] - 1925年大正14年)9月23日[3])は、日本政治家・衆議院議員[4]実業家資産家[5]、大地主[4]、香川県多額納税者[1]、商業[1][6]。西讃銀行取締役[7]。族籍は香川県平民[1]。三男の塩田忠左衛門は仁尾塩田社長、仁尾町長を務めた。

経歴[編集]

讃岐国三野郡仁尾村(現・香川県三豊市)に生まれた[4]。忠左衛門の長男[1]。早くから家庭の薫陶を受け、また金光寺信元に就いて漢籍を修めた[4]。商業を営んだ[8]

1874年、三野郡仁尾村学務委員となり、それ以来仁尾村会議員、三野豊田郡地位等級会議員、香川県会議員、仁尾村勧業世話係、仁尾村第六聯合会長、仁尾村家の浦聯合会議員、仁尾尋常小学校建築委員長、仁尾村長等の各公職に就任[4]日本赤十字社に加盟して香川支部常議員、商議員を嘱託された[4]

1898年1月、西讃銀行取締役に当選した[4]。同年8月、衆議院議員臨時総選挙の際、県下第5区より推されて当選した[4]

人物[編集]

県下有数の資産家であった[1]。村及び郡に多額の寄付をして、金盃を下賜された[2]貴族院多額納税者議員選挙の互選資格を有した[6]

家族・親族[編集]

塩田家

香川県三豊郡仁尾村

塩田忠左衛門の邸宅は屋号「松賀屋」と呼ばれ、明治時代の面影を今に伝えてきた[9]。長らく空き家になっていたが、2012年、「松賀屋を再生し、観光の拠点を築きたい」と地域住民を中心とした「仁尾まちなみ創造協議会」が設立された[9]。さらにその協議会のメンバー5人が2014年、一般社団法人「誇」を立ち上げ、松賀屋を購入し、管理を始めた[9]
  • 父・忠左衛門(香川平民)[1]
  • 弟・廣太郎分家する)[1]
  • 同妻・ミツ(香川士族、徳田文蔵の二女)[8]
1860年 -
  • 妻・カタ(香川平民、小野元治の二女)[1]
1855年 -
1880年 -
  • 三男・忠左衛門[1](旧名・賢二郎[10]
1882年 - 1963年
  • 同妻・静枝(香川平民、原岡永江の長女)[1]
1891年 -
  • 男・禎介[1]
1883年 -
  • 同妻・益子(香川平民、藤村五郎の二女)[1]
1894年 -

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 『人事興信録 第4版』し22頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2016年2月1日閲覧。
  2. ^ a b 『大正人名辞典』985頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年6月29日閲覧。
  3. ^ 衆議院・参議院『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』305頁。
  4. ^ a b c d e f g h 『衆議院議員列伝』547-548頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2016年2月1日閲覧。
  5. ^ 『全国五十万円以上資産家表 時事新報社第三回調査』10頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2017年9月2日閲覧。
  6. ^ a b 『貴族院多額納税者名鑑』517頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2017年9月2日閲覧。
  7. ^ 『日本全国諸会社役員録 明治33年』565頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年7月2日閲覧。
  8. ^ a b 『人事興信録 第6版』し19頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年6月29日閲覧。
  9. ^ a b c 特集 場所をつなぐ、人をつなぐ、広報みとよ2017年1月。
  10. ^ a b 『慶応義塾塾員名簿 昭和4年版』852頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2019年1月20日閲覧。

参考文献[編集]

  • 商業興信所編『日本全国諸会社役員録 明治33年』商業興信所、1893-1911年。
  • 山崎謙編『衆議院議員列伝』衆議院議員列伝発行所、1901年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第4版』人事興信所、1915年。
  • 『全国五十万円以上資産家表 時事新報社第三回調査』時事新報社、1916年。
  • 東洋新報社編『大正人名辞典』東洋新報社、1917年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第6版』人事興信所、1921年。
  • 慶応義塾編『慶応義塾塾員名簿 昭和4年版』慶応義塾、1924-1942年。
  • 織田正誠編『貴族院多額納税者名鑑』太洋堂出版部、1926年。
  • 衆議院・参議院『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。