塩見泰隆

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
塩見 泰隆
東京ヤクルトスワローズ #9
YS-Yasutaka-Shiomi20190210.jpg
2019年2月10日
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 神奈川県相模原市
生年月日 (1993-06-12) 1993年6月12日(27歳)
身長
体重
179 cm
77 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手
プロ入り 2017年 ドラフト4位
初出場 2018年7月31日
年俸 1,350万円(2021年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

塩見 泰隆(しおみ やすたか、1993年6月12日 - )は、神奈川県相模原市出身のプロ野球選手外野手)。右投右打。東京ヤクルトスワローズ所属。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

小学生の頃から軟式野球を始め、相模原市立星が丘小学校、相模原市立中央中学校(海老名リトルシニア)を経て武相高等学校に進学。

高校時代は、2年生の秋からレギュラーに定着。3年生の夏の県大会では、3番・右翼手でスタメン出場。チームは準々決勝で茂木栄五郎らを擁する桐蔭学園に延長12回の激戦の末に2対3で破れ、甲子園に出場することはできなかった。同期に井口和朋がいた。

高校卒業後は帝京大学に進学。1年時から試合に出場。3年生の春のリーグ戦では打率.279、17安打、本塁打1、11盗塁の成績を残した。同期に青柳晃洋西村天裕がいた。

大学卒業後はJX-ENEOSに入団。1年目は膝に怪我を負ったが、2017年の2年目から1番・中翼手でスタメン出場。計19試合、打率.282、本塁打1、10打点の成績を残した。

NPBドラフト会議東京ヤクルトスワローズから4位指名され、契約金4,500万円、年俸1,000万円で入団した[2]。背番号は9

プロ入り後[編集]

2018年は、ファームで打率.306、4本塁打、10打点、8盗塁をマークし、7月31日に一軍に初昇格、その日の広島東洋カープ戦で5番・右翼手で一軍デビューした。チームの新人では1986年に3番を務めた荒井幸雄以来32年ぶりにクリーンアップに座ったが4打席無安打に終わった[3]。その後もなかなか安打が出なかったが、10月7日、神宮球場での阪神戦で右翼線にポトリと落ちる二塁打を打ち、通算25打席目でプロ初安打を記録。「一生打てないかと思っていた。ヒットはヒットなので素直にうれしいです」とコメントした[4]

2019年は、オープン戦で好成績を残して[5][6]開幕一軍入りを果たすも、前年同様不振が続き、一軍抹消と登録を繰り返した。2軍では7月の月間MVPを受賞し[7]、その後9月5日に大引啓次と入れ替わりで一軍に昇格する[8]。18日の対阪神タイガース戦で髙橋遥人からプロ初ホームランを放つ[9]など、再昇格後の9月は月間打率.314と好調だった。なお、ファームでは規定打席未満ながらリーグ2位の16本塁打を記録するなど2年連続で好成績を残した。12月16日、前年年俸950万円(推定)から100万円アップの1050万円(推定)で契約更改した[10]

2020年は、開幕から五番センターでスタメン起用され、2戦目に公式戦神宮でのプロ初ホームランを記録した。最終的に打率•279と前年より飛躍した年となった。

人物[編集]

バレーボール選手の父親と元陸上選手の母親を持つ[11]

武相高の先輩にヤクルトのファンクラブの名誉会員でもある出川哲朗がいる。「当然知っているし、あのリアクションの感じがかなり好きなので、ぜひ球場に来ていただきたいです」と語っている[12]

帝京大時代、野球部の練習場が相模原市内の山間部にあるため、頻繁に出没する野生のイノシシを追いかけ回していた。卒業まで捕まえることこそできなかったが「併走していた」という[13]

大学の同期の青柳とはよく連絡を取り合う仲で、ドラフト指名後に最初に祝福メールが来たのも青柳からだった[14]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2018 ヤクルト 16 26 25 1 1 1 0 0 2 0 0 0 0 0 1 0 0 7 0 .040 .077 .080 .157
2019 45 98 88 20 16 2 2 1 25 7 4 1 0 0 8 0 2 24 1 .182 .265 .284 .549
2020 43 179 154 20 43 4 2 8 75 21 13 2 3 0 17 0 5 44 4 .279 .369 .487 .856
NPB:3年 104 303 267 41 60 7 4 9 102 28 17 3 3 0 26 0 7 75 5 .225 .310 .382 .692
  • 2020年度シーズン終了時

年度別守備成績[編集]



外野












2018 ヤクルト 9 12 0 0 0 1.000
2019 37 55 0 1 0 .982
2020 42 67 4 1 0 .986
通算 88 134 4 2 0 .986
  • 2020年度シーズン終了時

表彰[編集]

国際大会

記録[編集]

背番号[編集]

  • 9(2018年 - )

登場曲[編集]

代表歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ヤクルト - 契約更改 - プロ野球. 日刊スポーツ. 2021年1月2日閲覧。
  2. ^ “ヤクルト4位塩見、出川哲朗ばりの“ヤバイ”選手に”. 日刊スポーツ. (2017年11月16日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/201711160000623.html 2018年10月10日閲覧。 
  3. ^ “ヤクルト塩見1軍初昇格で即スタメン「全然違う」”. 日刊スポーツ. (2018年7月31日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/201807310000886.html 2018年10月10日閲覧。 
  4. ^ “ヤクルトのドラ4・塩見 25打席目のプロ初安打「一生打てないかと思った」”. デイリースポーツ. (2018年10月7日). https://www.daily.co.jp/baseball/2018/10/07/0011711937.shtml 2018年10月10日閲覧。 
  5. ^ 一般社団法人日本野球機構. “2019年度 オープン戦 個人打撃成績(規定打席以上)” (日本語). npb.jp. 2019年10月16日閲覧。
  6. ^ 【野球】オープン戦首位は広島 アピールした若手は…阪神・木浪、ヤクルト・塩見/デイリースポーツ online” (日本語). デイリースポーツ online. 2019年10月5日閲覧。
  7. ^ イースタン・リーグにおいて塩見選手が7月度月間MVPを受賞!” (日本語). 東京ヤクルトスワローズ. 2019年10月5日閲覧。
  8. ^ 【5日の公示】巨人・菅野、ヤクルト・大引らを抹消”. www.sponichi.co.jp. 2019年10月5日閲覧。
  9. ^ ヤクルト・塩見 待望のプロ初本塁打「自信になった」/デイリースポーツ online” (日本語). デイリースポーツ online. 2019年10月5日閲覧。
  10. ^ “ヤクルト塩見「少し上げてもらいました」定位置争い”. 日刊スポーツ. (2019年12月16日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/201912160000184.html 2019年12月20日閲覧。 
  11. ^ JX-ENEOS・塩見、ヤクルトで好きな選手は山田「打撃のときに何を考えているかも聞きたい」 サンケイスポーツ.(2017年10月27日)2017年10月30日閲覧。
  12. ^ 燕D4・塩見、高校先輩の出川ばり体張る!背番9決定「最高の番号」 サンケイスポーツ.(2017年11月17日)2017年10月30日閲覧。
  13. ^ 燕D4・塩見、イノシシも恐れる快足!30メートル走3秒85 サンケイスポーツ.(2018年1月17日)2018年1月20日閲覧。
  14. ^ ヤクルトのドラ4塩見、帝京大同期の阪神・青柳撃つ デイリースポーツ.(2017年11月17日)2018年1月20日閲覧。
  15. ^ NEWS 新聞 池田隆英壓制中職聯隊 日職東軍奪冬盟二連霸”. 亞洲冬季棒球聯盟公式サイト(繁体中文) (2018年12月16日). 2018年12月29日閲覧。
  16. ^ 2018アジアウインターベースボールリーグ(AWB)NPBメンバー一覧”. NPB.jp 日本野球機構 (2018年12月10日). 2018年12月29日閲覧。

関連項目[編集]