塩谷光彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

塩谷 光彦(しおのや みつひこ、1958年7月14日 - )は日本の化学者。東京大学理学系研究科化学専攻教授。専門分野は生物無機化学超分子化学

経歴[編集]

  • 1982年 東京大学薬学部薬学科卒業
  • 1986年 東京大学大学院薬学系研究科博士課程中退
  • 1986年 広島大学医学部総合薬学科 助手
  • 1988年 岡崎国立共同研究機構分子科学研究所 助手
  • 1990年 広島大学医学部総合薬学科 助手
  • 1990年1月 広島大学 薬学博士 論文の題は「機能性大環状ポリアミンに関する活性構造化学的研究 」[1]
  • 1991年 広島大学医学部総合薬学科 講師
  • 1994年 広島大学医学部総合薬学科 助教授
  • 1995年 岡崎国立共同研究機構分子科学研究所 教授
  • 1995-1999年 総合研究大学院大学数物科学研究科 教授
  • 1999年 東京大学大学院理学系研究科化学専攻 教授

研究[編集]

デザインされた配位子金属イオンを用いたケージ状錯体・人工DNA分子マシンなどの研究で知られる。

受賞[編集]

  • 2007年 井上学術賞
  • 2007年 日本化学会学術賞

脚注[編集]

  1. ^ 博士論文書誌データベース