境内摂社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

境内摂社(けいだいせっしゃ)は、

  1. 神道において、神社の境内にある小さな社をいう。祭神としては、本社の祭神の荒魂(あらみたま)や后神・御子神、祭神と関係のある神や現社地の地主神(じぬしがみ)などが祀られる。詳細は摂末社を参照。
  2. 日本の寺院において、境内に仏教を守護する神々(日本の神々やインド天部の神々)を祀る社として設置されたもの。