境港妖怪検定

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

境港妖怪検定 (さかいみなとようかいけんてい) は、日本各地に伝わった様々な妖怪伝説の知識を「資格」として認定する検定試験である。

境港商工会議所・境港市観光協会主催、調布市観光協会共催、水木しげる記念館水木しげるロード振興会・境港市鳥取県調布市が後援する妖怪に関するご当地検定である。

検定目的[編集]

妖怪を知ることにより、日本の風土文化を再認識する。水木しげるの妖怪考察を通じて妖怪に対する理解度をはかり、「妖怪博士」として公式に認定する。

試験ランク及び受験資格[編集]

  • 初級-制限なし
  • 中級-制限なし
  • 上級-中級合格者

テキスト及び内容[編集]

以下、公式テキスト内容

  • 初級及び中級 書名:水木しげるロードの妖怪たちⅥ(発行:境港市観光協会)
  • 中級 書名:『図説 日本妖怪大全』(発行:講談社)
  • 上級 テキストはなし:論文形式のため、公式テキストは新たに定めない。

受験料[編集]

  • 初級-¥2,000(税込)
  • 中級-¥3,000(税込)
  • 上級-¥4,000(税込)

試験[編集]

試験会場[編集]

  • 境港会場 境港商工会議所(鳥取県境港市):初級・中級・上級
  • 調布会場 調布市民プラザあくろす(東京都調布市):初級・中級(上級試験はなし)

試験時間[編集]

  • 初級-60分
  • 中級-60分
  • 上級-120分

試験内容[編集]

  • 初級及び中級 テキスト(上記テキスト及び内容を参照)の中から選んだ妖怪の名前・特徴・説明等を出題。

   境港市及び調布市に関する基礎的な情報からも計5問程度出題。

  • 上級 提示されたテーマについて、1,200文字以内で述べる論文形式の試験。

試験形式[編集]

  • 初級及び中級 50問出題。数肢択一・○×記入・部分記入及び全記入
  • 上級 論文形式

合格基準[編集]

  • 初級-100点満点中、70点以上
  • 中級-100点満点中、70点以上
  • 上級-審査/妖怪専門誌「」、お化け大学校(角川書店

合格特典[編集]

各級合格者には、各級合格証書・認定バッジ(鬼太郎絵柄 初級:緑色 中級:紫色 上級:赤色)を発行。