境町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
さかいまち
境町
Michinoeki sakai ibaraki.jpg
Flag of Sakai Ibaraki.JPG Symbol of Sakai Ibaraki.svg
境町旗 境町章
日本の旗 日本
地方 関東地方
都道府県 茨城県
猿島郡
市町村コード 08546-4
法人番号 3000020085464 ウィキデータを編集
面積 46.59km2
総人口 24,089[編集]
推計人口、2020年11月1日)
人口密度 517人/km2
隣接自治体 古河市坂東市猿島郡五霞町
千葉県野田市
町の木 モクセイ
町の花 カンナ
境町役場
町長
[編集]
橋本正裕
所在地 306-0495
茨城県猿島郡境町391-1
北緯36度6分30.5秒東経139度47分41.8秒
SAKAI(Ibaraki-pref) town office01.JPG
外部リンク 公式ウェブサイト

境町位置図

― 市 / ― 町・村

 表示 ウィキプロジェクト

境町(さかいまち)は茨城県西地域猿島郡にある関東大都市圏[1]古河都市圏に属する。

概要[編集]

江戸時代関宿藩に属し、利根川対岸の城下町と一体と看做され、河川舟運を活かして発展した。慶長年間に河岸が設置され、安永3年(1774年)には河岸問屋2軒が公認された。その翌年の統計によれば、奥州から江戸に向かう荷物が年間3万駄、その反対の荷物が7千駄であり、高瀬舟艀舟などが計129隻あったと記録されている。廃藩置県後は猿島郡役所及び西葛飾郡役所が置かれた。現在の境町は昭和の大合併で、旧境町、長田村、静村、森戸村、猿島村との合併により誕生した。平成になって、現在は坂東市となった岩井市及び猿島郡猿島町との合併が検討されたが、住民投票の反対多数により単独町制継続となった。

地理[編集]

利根川が町の南端を東西に流れる。東京都心から比較的近い約50〜60キロメートル(km)にあり、上述の通り関東大都市圏に属する。旧境町を中心に公共施設商店街、大型店、住宅地が集中する一方、郊外はのどかな田園風景となっている。

また町内には猿島台地があり、台地上では地の利を生かしてさしま茶が生産されている。

河川[編集]

池沼[編集]

歴史[編集]

年表[編集]


人口[編集]

Demography08546.svg
境町と全国の年齢別人口分布(2005年) 境町の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 境町
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性

境町(に相当する地域)の人口の推移
総務省統計局 国勢調査より


行政[編集]

公共施設等[編集]

境町歴史民俗資料館

公園[編集]

消防[編集]

警察[編集]

経済[編集]

農業[編集]

農産物[編集]

農業系組合[編集]

商業・観光[編集]

著名建築家隈研吾設計の施設を、2018年開館の6次産業化施設「さかいサンド」を皮切りに、「さかい河岸レストラン茶蔵」、特産品開発に取り組む「S-Lab」、美術館「S-Gallery」、「モンテネグロ会館」(後述)から2021年開館予定の(仮称)「まちかどカフェ」と全国市町村で最多の6ヵ所を立て続けに整備している[2]。隈研吾作品を目当てに町外から訪れる見学者を含めて、中心街や町経済の活性化につなげる狙いがある[3]

商工系組合[編集]

工業[編集]

工業団地[編集]

  • 猿山工業団地
  • 下小橋工業団地
  • 染谷工業団地

郵便[編集]

金融機関[編集]

地域[編集]

町内の大字[編集]

境地区[編集]

  • 大字無し)
    • 本船町
    • 下仲町
    • 上仲町
    • 上町
    • 住吉町
    • 宮本町
    • 坂花町
    • 新吉町
    • 山神町
    • 旭町
    • 松岡町
  • 陽光台一丁目・二丁目

静地区[編集]

  • 塚崎
  • 横塚
  • 稲尾
  • 志鳥

長田地区[編集]

  • 長井戸
  • 猿山
  • 蛇池
  • 下砂井
  • 栗山
  • 西泉田
  • 上小橋

猿島地区[編集]

  • 下小橋
  • 染谷
  • 浦向
  • 金岡
  • 大歩
  • 山崎
  • 内門

森戸地区[編集]

  • 伏木
  • 一ノ谷
  • 百戸
  • 若林
  • 新田戸
  • 桐ケ作

教育[編集]

医療機関[編集]

交通[編集]

鉄道[編集]

町内を鉄道は通っていない。鉄道を利用する場合、最寄り駅は東武日光線南栗橋駅だが、公共交通機関が利用可能な最寄り駅としては、東武伊勢崎線(スカイツリーライン)東武動物公園駅東武野田線(アーバンパークライン)川間駅JR東日本宇都宮線古河駅がある。

路線バス[編集]

2020年11月26日、自動運転バスの定常運行が日本国内では初めて始まった。町がフランス製「ナビヤ・アルマ」3台を導入し、ソフトバンク系ボードリーが運行を管理する[4]

他の路線バス事業者は以下を参照。

なお、朝日自動車のバス事業の事実上の前身である東武バスのバス事業の盛時には、境町ターミナルは一大拠点であり、野田市駅幸手駅間々田駅下館駅結城駅栗橋駅新古河駅下妻駅岩井、さらには東京駅浅草などへ向かうバス路線も存在していた。

境古河バスターミナル[編集]

圏央道境古河インターチェンジ(境古河IC)近くの境町ふれあいの里に境古河バスターミナルが整備され、2017年11月1日より千葉交通関東自動車が運行する成田空港直行高速バスが停車する。

道路[編集]

名所・旧跡・観光スポット[編集]

主な恒例行事[編集]

1月(成人の日)には「境だるま市」、7月には「境ふるさと祭り」が行われ、大変賑わう。特に「境ふるさと祭り」では、近郊だけでなく遠くからも多くの人々が訪れ、近郊の夏祭りと比べても非常に規模が大きく有名である。

ふるさと祭りのイベントとして行われていた、利根川自作イカダレースを「利根川いかだレース選手権 inさかい」として実施。その他にも「菜の花フェスティバル」などが行われている。

著名な出身者[編集]

政治・経済[編集]

スポーツ[編集]

芸能・文化[編集]

その他[編集]

  • ナンバープレートは「つくばナンバー」である。ご当地ナンバーとして新設され、2007年2月13日から導入された。
  • 2018年の町長選に、現職の橋本正裕と新人の高嶋勇喜が出馬したが、高嶋氏の名前「勇喜」の読みが「てつわんあとむ」として話題となった。

事件・事故[編集]

  • 2013年(平成25年)5月27日 - 境町の自動車修理工の男性(38歳)が自宅寝室で刺殺される事件が発生[8]。茨城県警は6月6日、同町山崎のアルバイト店員の男性(24歳)を殺人容疑で逮捕した[8]
  • 2019年(令和元年)9月23日 - 境町の住宅で会社員の男性(48歳)と妻のパート従業員(50歳)が殺害され、子ども2人が重軽傷を負った事件が発生[9]。男性宅は住宅街から離れた林の中に位置し、周辺には田んぼも広がっている[9]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 総務省統計局 経済センサスと統計地図(大都市圏の売上高)【1.関東大都市圏】
  2. ^ 茨城・境町、隈氏設計カフェ建設へ 同氏施設が最多に日本経済新聞ニュースサイト(2020年11月11日)2020年11月29日閲覧
  3. ^ 【クリック】茨城・境町、隈氏作品で街おこし/負担少なく来訪者増『日本経済新聞』朝刊2020年11月23日(地域総合面)2020年11月29日閲覧
  4. ^ 自動運転バスが定常運行を開始---国内で初めて、茨城県境町で Response.(2020年11月26日)2020年11月29日閲覧
  5. ^ 国頭村「公設市場」、道の駅にオープン 沖縄の特産物販売 境町毎日新聞』朝刊2020年11月15日(茨城県版)2020年11月29日閲覧
  6. ^ モンテネグロ会館へのオマージュ アルゼンチン大使館
  7. ^ 長田小学校とアルゼンチンとの交流境町歴史民俗資料館だより 第3号、平成28年9月15日
  8. ^ a b “被害者妻の同僚、殺人容疑で逮捕 茨城・境町”. 日本経済新聞 電子版 (日本経済新聞社). (2013年6月7日). https://www.nikkei.com/article/DGXNASDG06059_W3A600C1CC1000/ 2019年9月28日閲覧。 
  9. ^ a b “仲良く夫婦で野球応援 茨城殺人、近所で不審人物も”. 日本経済新聞 電子版 (日本経済新聞社). (2019年9月23日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO50115530T20C19A9CZ8000/ 2019年9月28日閲覧。 

関連項目[編集]