境野新台地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

境野新台地(さかいのしんだいち)とは富山県富山市にある台地。別名は境野新扇状地。呉羽山断層による隆起扇状地である。

特徴[編集]

勾配は12/1000程度で、末端部は射水低地の地層をしている。台地面では主に稲作がされているが、水不足を補うためため池が多い。他には池多集落でのりんご栽培や、開ヶ丘集落での畑作が行われている。

形成[編集]

元々は神通川の流域であったが、呉羽山断層による隆起により切り離され、呉羽丘陵に隣接した段丘になった[1]

台地上・周辺の施設[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 富山土地条件図”. 国土地理院 (2019年8月16日). 2019年8月16日閲覧。

関連項目[編集]