増基

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

増基(ぞうき、生没年不詳)は、平安時代歌人。増基法師と称されることもある。

概要[編集]

号は庵主若しくは廬主。中古三十六歌仙の一人に列せられるが、『中古歌仙三十六人伝』には「後拾遺集目録云、号廬主云云」(後拾遺集目録に云はく、廬主と号すと云々)としか記されておらず、詳細は未詳である。

また『和歌色葉』の「名誉歌仙者」には、「後拾 詞花増基法師 家集号廬主。宇多御時同名、亭子院殿上法師」(増基法師 家集廬主と号す。宇田の御時に同名、亭子院の殿上法師)とある。 活躍時期については三説あり、

  1. 大和物語』に「としこが、志賀にまうでたりけるに、増喜君といふ法師ありけり。それは比叡にすむ、院の殿上もする法師になむありける」(122段「かつがつの思ひ」)と記されている人物と同一人物であり、延喜延長(901 - 931)年間の人とする説
  2. 10世紀後半、天暦(947 - 957年)から長徳(995 - 999年)の間を生き、比叡山にて草庵生活を送っていた、一条天皇の時代頃の人物とする説
  3. 能因法師らと同じころ、11世紀前半の人とする説

がそれぞれそうであるが、判然としない。

「いにしへに恋ふること侍けるころ、田舎にてほとゝぎすを聞きてよめる/このごろは寝でのみぞ待つほとゝぎすしばし都の物語せよ」(『後拾遺和歌集』夏・一八六・増基法師)以下、勅撰集には三十首を収める。

120余首の和歌を載せる自撰家集『増基法師集』は別名を「庵主(いほぬし)」といい、熊野遠江国を旅したことが記されている。旅の風物を無常観とともに描いた詞書は後世の紀行文の先駆をなす。

出典[編集]