増田貴久

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ますだ たかひさ
増田 貴久
生年月日 (1986-07-04) 1986年7月4日(33歳)
出身地 日本の旗 東京都練馬区[1]
身長 171 cm[2]
血液型 O型
職業 歌手俳優タレント
ジャンル テレビドラマ舞台バラエティ番組CM
活動期間 1998年11月8日[3] -
事務所 ジャニーズ事務所
主な作品
テレビドラマ
ガチバカ!
RESCUE〜特別高度救助隊
レジデント〜5人の研修医
ゼロ 一獲千金ゲーム
ボイス 110緊急指令室
レンタルなんもしない人
舞台
雨の日の森の中
『フレンド-今夜此処での一と殷盛り-』
『Only You 〜ぼくらのROMEO&JULIET〜』
備考
アイドルグループNEWSのメンバー
テンプレートを表示

増田 貴久(ますだ たかひさ、1986年〈昭和61年〉7月4日 - )は、日本の男性歌手俳優タレント

男性アイドルグループNEWSのメンバーである。東京都練馬区出身[1]。愛称は「まっすー」[4]

テゴマスの元メンバーでもある。

来歴[編集]

母親・姉・姉の友達が履歴書を送り[5]、1998年11月8日[3][6]オーディションを受けて[3]小学6年生の時にジャニーズ事務所に入所[7]。同期に亀梨和也赤西仁中丸雄一[1]塚田僚一藤ヶ谷太輔がいる[3]。ジャニーズJr.として活動を始め、1か月後にはKinKi Kidsのバックダンサーとして東京ドームのステージに立った[7]

2003年9月15日NEWSが結成され、メンバーとして活動開始。2004年にはジャニーズJr.内ユニット・Kis-My-Ftにも一時所属していた[3][注釈 1]2006年11月からは同じNEWSのメンバーである手越祐也とユニット・「テゴマス」(tegomass)を結成し、並行して活動を行っていた[10]

人物[編集]

ファッション
ファッションセンスに定評があり、雑誌『mina』で「マスタイリング」を連載している[11]他、2018年春からは雑誌『装苑』でも連載をスタートさせた[12]
2010年の『NEWS DOMEPARTY 2010 LIVE!LIVE! LIVE!』以降[13]、NEWSのライブ衣装も手掛け[14]、2016年には同じ事務所の後輩グループ・Hey!Say!JUMPの衣装デザインを手掛けたことでも話題になった[15]。2018年には、前年に行われた『NEWS LIVE TOUR 2017 NEVERLAND』で手がけた[15]衣装の展覧会が、「NEWS3作品連動キャンペーン」として行われている[16]
趣味嗜好など
大の餃子好きであることをテレビや雑誌で語っている[17]
作品、パフォーマンスについて
テゴマスとして2014年に発表した『テゴマスの青春』に収録されている「月の友達」では、作詞を手がけている[18]
NEWSのライブでは構成を担当。特に視覚的なことに対してこだわりが強く、日頃から様々なアーティストのライブを見に行き、音や照明に関して刺激を受けているという。[19]

出演[編集]

グループでの活動については、NEWS (グループ)#出演テゴマス#出演を参照

テレビドラマ[編集]

バラエティ番組[編集]

情報番組[編集]

  • いっぷく!(2014年3月31日 - 2015年3月27日、TBS)- 月曜日[31]→金曜日パーソナリティー
  • PON!(2018年4月2日 - 2018年9月24日、日本テレビ)- 月曜日レギュラー[32]

音楽番組[編集]

CM[編集]

ネット配信[編集]

ラジオ番組[編集]

  • 増田貴久のMASTER HITS(2005年4月[36] - 、bayfm、毎週金23:00-23:30)
  • ますますらじお(2020年7月1日 - 、MBSラジオ) - 手越祐也とのコンビで2011年10月から続いていた『テゴマスのらじお』が2020年6月19日に手越がジャニーズ事務所を退所して番組終了し、増田単独での『ますますらじお』として、7月1日に再出発[37]

舞台[編集]

  • PLAYZONE'01 EMOTION〜新世紀〜(2001年7月14日 - 8月17日、青山劇場[38]
  • 増田貴久の一人楽屋de大作戦『まちマス』(2007年8月23日 - 27日、東京グローブ座[39]
  • 雨の日の森の中(2009年11月4日 - 23日、東京グローブ座 / 11月26日 - 30日、梅田芸術劇場 シアタードラマシティ[40]) - 主演[41]
  • 灰色のカナリア(2012年6月8日 - 7月1日、東京グローブ座 / 7月4日 - 9日、森ノ宮ピロティホール) - 主演・藤井一也 役[42]
  • ストレンジ・フルーツ(2013年5月3日 - 26日、東京グローブ座 / 5月28日 - 6月2日、シアター・ドラマシティ) - 主演・千葉 役[43]
  • フレンド-今夜此処での一と殷盛り-(2014年9月26日 - 10月19日、東京グローブ座 / 11月4日 - 11月9日、シアター・ドラマシティ) - 主演・安原喜弘[44]
  • Only You 〜ぼくらのROMEO&JULIET〜(2018年7月12日 - 8月4日、東京グローブ座 / 8月7日 - 9日、森ノ宮ピロティホール)[45] - 主演・門田 役[46]
  • ハウ・トゥー・サクシード(2020年9月、東急シアターオーブ / 10月、オリックス劇場) - 主演・フィンチ 役[47]

連載[編集]

ブログ[編集]

  • ますだたたった(2006年7月11日 - 10月5日、Johnny's Web)
  • 特別増田連載し隊(2009年1月20日 - 4月20日、Johnny's Web)
  • 増田貴久の○○(2016年1月23日 - 、Johnny's Web)

雑誌[編集]

  • MASU Styling マスタイリング(『mina』2014年10月号 - )[11]
  • MFBB[注釈 2](『装苑』2018年4・5月合併号[12] - )

音楽[編集]

ソロ曲[編集]

オリジナル曲[編集]

  • 暁-AKATSUKI-(作詞・作曲・編曲:m-takeshi) ‐ アルバム『NEWS BEST』収録
  • Pumpkin(作詞:H.U.B.、作曲・編曲:AKIRA) ‐ アルバム『NEWS BEST』収録
  • SUPERMAN(作詞:H.U.B.、作曲・編曲:福士健太郎) ‐ アルバム『NEWS BEST』収録
  • PeekaBoo...(作詞:Ryohei、作曲:Chris Meyer、編曲:千葉純治) - シングル「チャンカパーナ」収録
  • Remedy(作詞:Ryohei Yamamoto、作曲:Ryohei Yamamoto) - アルバム『NEWS』収録
  • Skye Beautiful(作詞:Ryohei Yamamoto、作曲:Ryohei Yamamoto) - アルバム『White』収録
  • LIS'N(作詞:Ryohei Yamamoto、作曲:Ryohei Yamamoto、編曲:TRAKSTA) - アルバム『QUARTETTO』収録
  • Thunder(作詞:Ryouhei Yamamoto、作曲:Ryouhei Yamamoto) -アルバム『EPCOTIA』収録
  • Symphony of Dissonance (作詞:Ryohei Yamamoto、作曲:☆Taku Takahashi(m-flo)、Mitsunori Ikeda(Tachytelic) -アルバム『WORLDISTA』収録
  • (読み:こい)(作詞・作曲:GReeeeN、編曲:nishi-ken[Diosta inc.])- アルバム『STORY』収録。

カバー曲[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 2004年6月号の『duet』には主要メンバーとしてグラビアに登場しており、NEWSと兼任することが嬉しいと述べているが[8]、2004年7月号の『duet』の「Kis-My-Ft」ページにはすでに姿がない[9]
  2. ^ "MFBB"とは「増田貴久のファッションバカ万歳!」の頭文字をとったもの[13]

出典[編集]

  1. ^ a b c 増田貴久”. CDJournal. 音楽出版社. 2018年6月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年8月17日閲覧。
  2. ^ PROFILE(NEWS)-Johnny's web”. Johnny's web. ジャニーズ事務所. 2018年9月8日閲覧。携帯で直接URLにアクセスした時のみ確認可能。Johnny's webからはリンクされていません。
  3. ^ a b c d e NEWS増田貴久、かつてKis-My-Ft2の“M”だった 藤ヶ谷太輔から暴露も”. モデルプレス. ネットネイティブ (2018年7月1日). 2018年10月28日閲覧。
  4. ^ a b 増田貴久、社会派ミステリーに出演!橋本愛が主演のWOWOW新ドラマ”. シネマトゥデイ (2019年12月23日). 2020年1月19日閲覧。
  5. ^ 「出会い。」『POTATO』2017年4月号、学研、2017年3月7日、 68頁。
  6. ^ Myojo』2011年10月号、160ページ。
  7. ^ a b 増田貴久「解散も考えた」NEWSが“4人で活動する意味”…グループ復活までの葛藤を赤裸々告白”. モデルプレス (2016年7月17日). 2016年10月18日閲覧。
  8. ^ 「オレたちは風になる!!」『duet』2004年6月号、ホーム社、2004年、 61頁。
  9. ^ 「Smile Time」『duet』2004年7月号、ホーム社、2004年、 132頁。
  10. ^ スポニチ Sponichi Annex 芸能 ジャニーズ”. web.archive.org (2007年2月20日). 2019年7月8日閲覧。
  11. ^ a b NEWS増田貴久さんの私服連載が拡大版BOOK IN BOOKに!”. TOKYO CAWAII MEDIA. 主婦の友社 (2016年9月17日). 2017年1月12日閲覧。
  12. ^ a b 装苑 2018年4・5月合併号”. 文化出版局. 文化学園 (2018年). 2018年5月6日閲覧。
  13. ^ a b 『装苑』9月号の表紙はPerfume!衣装から派生したアパレルライン、Perfume Closetの最新アイテムをまとった3人の凛とした横顔を撮り下ろし。”. 装苑ONLINE. 文化出版局 (2018年7月23日). 2018年9月8日閲覧。
  14. ^ NEWS増田貴久、ステージ衣装を手がけるこだわりとは?「すべてを伝えるつもりもない」”. テレビドガッチ (2019年1月22日). 2019年3月31日閲覧。
  15. ^ a b NEWS・増田貴久の手がけたコンサート衣装掲載の『装苑』、売切続出で入手困難に!”. T-SITE NEWS. TSUTAYA (2017年8月2日). 2017年8月17日閲覧。
  16. ^ NEWS3作品連動キャンペーン「NEVERLAND展へご招待!」”. Johnny's net. ジャニーズ事務所 (2018年). 2018年5月6日閲覧。
  17. ^ 『女性セブン』2018年4月5日号[要ページ番号]
  18. ^ テゴマスの青春”. ジャニーズ・エンタテイメント. ジャニーズ事務所 (2014年). 2018年5月6日閲覧。
  19. ^ 「NEWSになる存在へ向かって」『日経エンタテインメント』第234巻2016年9月号、日経BP社、2016年8月4日、 53-64頁。
  20. ^ 劇団演技者。BACKNUMBER”. 劇団演技者。. フジテレビ. 2005年10月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年1月30日閲覧。
  21. ^ 『24時間テレビ』SPドラマで山田涼介が初主演”. ORICON (2015年6月23日). 2015年6月23日閲覧。
  22. ^ NEWS増田貴久、加藤シゲアキ主演『ゼロ』第2話で本格参戦”. マイナビニュース. マイナビ (2018年7月15日). 2018年7月23日閲覧。
  23. ^ NEWS増田貴久、初の刑事役で黒髪短髪 日テレ連ドラ初レギュラー”. マイナビニュース. マイナビ (2019年6月1日). 2019年6月15日閲覧。
  24. ^ 増田貴久『レンタルなんもしない人』メインビジュアル解禁 志田未来&岡山天音ゲスト出演”. クランクイン! (2020年3月18日). 2020年3月19日閲覧。
  25. ^ ダチタビ 第一章 ダルセーニョなキャンプ”. ダチタビ. 日本テレビ (2011年). 2018年1月30日閲覧。
  26. ^ NEWS増田貴久がラブコール「同じ時間を過ごせるのが楽しみ」”. モデルプレス (2014年3月24日). 2018年1月30日閲覧。
  27. ^ 増田貴久&オードリー春日が芦田愛菜と常識クイズ対決!”. ザテレビジョン (2017年8月23日). 2017年9月18日閲覧。
  28. ^ “NEWS増田が初披露した“キャラネタ”が完璧すぎて!?レギュラー決定”. 産経ニュース. (2016年10月14日). http://www.sankei.com/entertainments/news/161014/ent1610140020-n1.html 2016年10月18日閲覧。 
  29. ^ NEWS増田貴久は“問題児”?「髪型が決まらない」”. モデルプレス (2017年3月28日). 2018年1月30日閲覧。
  30. ^ “「ぐるナイ」ゴチ新メンバーはNEWS増田貴久&本田翼”. 音楽ナタリー (株式会社ナターシャ). (2020年1月16日). https://natalie.mu/music/news/363455 2020年1月16日閲覧。 
  31. ^ 「いっぷく!」初ロケ決行!NEWS・増田貴久が“奥様”をおもてなし”. ザテレビジョン. KADOKAWA (2014年3月26日). 2018年1月30日閲覧。
  32. ^ “NEWS増田 4月から「PON!」月曜レギュラー!自ら現場で取材も”. スポーツニッポン. (2018年3月19日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/03/19/kiji/20180319s00041000166000c.html 2018年3月19日閲覧。 
  33. ^ “「TU→YU」鉄矢&V6が「赤いきつね」新CM”. スポーツ報知. (2008年9月11日). オリジナルの2008年9月13日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080913203104/http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20080911-OHT1T00115.htm 2018年1月30日閲覧。 
  34. ^ 増田貴久主演『ゼロ』スピンオフ「山口カズヤ編」がHulu初日視聴数ランキング1位獲得”. TVLIFE Web. 学研プラス (2018年7月19日). 2018年7月23日閲覧。
  35. ^ 真木よう子×増田貴久で「ボイス」オリジナルストーリーが配信 最終話から1か月後の物語”. cinemacafe.net. イード (2019年9月22日). 2020年6月6日閲覧。
  36. ^ 「TALK ESSAY Primitive NEWS Vol.9 増田貴久的ラジオ論」『duet』2005年9月号、ホーム社、2005年、 79頁。
  37. ^ “解散テゴマス…NEWS・増田貴久が「ますますらじお」で再出発「いろんなことがありまして1人減りました」”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2020年7月1日). https://hochi.news/articles/20200701-OHT1T50385.html 2020年7月2日閲覧。 
  38. ^ 「トモダチ日和。」『duet』2004年7月号、ホーム社、2004年、 37-45頁。
  39. ^ “NEWS増田が幼少写真公開”. スポーツ報知. (2007年8月24日). オリジナルの2007年10月15日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20071015155857/http:/hochi.yomiuri.co.jp/feature/entertainment/johnnys/news/20070824-OHT1T00039.htm 2018年5月6日閲覧。 
  40. ^ The Globe Tokyo”. 雨の日の森の中. 東京グローブ座 (2009年). 2009年6月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年8月17日閲覧。
  41. ^ “増田貴久“ビビリ症”の大学生で舞台主演”. nikkansports.com. (2009年11月4日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20091104-562815.html 2017年8月17日閲覧。 
  42. ^ NEWS増田、“先輩”松岡不在に動揺「100%頼っていた」”. ORICON NEWS. オリコン (2012年4月17日). 2019年6月16日閲覧。
  43. ^ NEWS増田貴久、座長舞台で鬼気迫る演技!南沢奈央、「普段と違って目つきが怖い」”. NEWS LOUNGE. モバイルメディアプロダクション (2013年5月3日). 2018年12月13日閲覧。
  44. ^ 増田貴久主演『フレンド-今夜此処での一と殷盛り-』が上演中”. シアターガイド (2014年9月30日). 2017年8月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年8月17日閲覧。
  45. ^ 増田貴久、ジャニーズ楽曲で「ロミオとジュリエット」ミュージカル化 4年ぶりの主演舞台決定〈Only You 〜ぼくらのROMEO&JULIET〜〉”. モデルプレス (2018年5月14日). 2018年5月14日閲覧。
  46. ^ 河野桃子 (2018年7月14日). “NEWS増田貴久がジャニーズの名曲12曲を熱唱!ライブ×演劇『Only You』レポート”. SPICE. イープラス. 2018年9月8日閲覧。
  47. ^ 増田貴久、ダニエル・ラドクリフも主演した名作で海外ミュージカル初挑戦”. マイナビニュース. マイナビ (2020年3月16日). 2020年3月18日閲覧。