壊れたピアノとリビングデッド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
壊れたピアノとリビングデッド
MUCCスタジオ・アルバム
リリース
ジャンル ロック
時間
レーベル デンジャークルー・レコード
プロデュース ミヤ
MUCC 年表
脈拍
2017年
壊れたピアノとリビングデッド
(2019年)
テンプレートを表示

壊れたピアノとリビングデッド』はMUCCの14thアルバム。2019年2月13日発売。発売元はデンジャークルー・レコード

概要[編集]

  • 朱ゥノ吐VIP会員限定受注生産盤、通常盤の2タイプが発売。
  • 「ホラー」と「鍵盤」という二つのテーマを持ったコンセプトアルバム。コンセプトアルバムとしては『T.R.E.N.D.Y. -Paradise from 1997-』以来約3年半ぶりである。
  • シングル曲が収録されていないオリジナルアルバムとしては『6』以来約13年ぶりとなる。
  • カルマ』以来約8年半ぶりにアルバムにインストが収録されている。
  • もともとはアウトテイク(ボツ曲)を集めたものをリリースするというアイデアから始まり、そこに上記のテーマを軸に書き下ろした新曲を加えた形となった。[1]
  • 鍵盤やピアノが大々的にフィーチャーされることと、リリースツアーにおいて過去曲も全て鍵盤込みのアレンジで演奏することから、期間限定メンバーとして吉田トオルが加入している。

収録曲[編集]

CD[編集]

  1. 壊れたピアノ [2:02]
    (作曲:ミヤ
    • インスト。
  2. サイコ [4:00]
    (作詞:ミヤ/作曲:ミヤ、YUKKE
  3. アイリス [4:03]
    (作詞・作曲:ミヤ)
    • 2018年12月に開催されたツアー「MUCC 2018 Lock on Snipe Tour #3『北陸収監型6days』」、そして2019年1月に開催されたDEZERTとの合同ツアー「【Is This The "FACT"?】TOUR 2019」にて披露された。
  4. ヴァンパイア [4:45]
    (作詞・作曲:ミヤ)
    • THE END OF THE WORLD』の頃からあったが、同アルバムにはミヤ曰く「いらねぇな」と思いお蔵入りになっていた曲。リズム隊は当時レコーディングした音源をそのまま使用している。[2]
  5. In the shadows [5:48]
    (作詞:逹瑯/作曲:ミヤ)
    • シングル「時限爆弾」製作時に万が一YUKKEの曲が間に合わなかった時のための保険としてミヤが作った曲。
    • 2018年6月に開催されたツアー「MUCC 2018 Lock on Snipe Tour #1『北海道収監型6days』」にて披露されている。なおこのバージョンはアルバムに収録されているのとは歌詞が一部違う。
  6. 積想 [5:22]
    (作詞・作曲:逹瑯)
    • 「MUCC 2018 Lock on Snipe Tour #3『北陸収監型6days』」にて販売するデモテープ候補だった曲。最終的に採用された「メルト」と違い一発録り向きではなかったためアウトテイクとなった。
    • ピアノはミヤが弾いている。
  7. 百合と翼 [4:26]
    (作詞:SATOち、逹瑯/作曲:ミヤ、SATOち)
  8. カウントダウン [6:02]
    (作詞・作曲:ミヤ)
    • アニメタイアップ用に元々作った曲で、その後も「いいところまでいって入らず」を繰り返していた曲。
  9. Living Dead [4:40]
    (作詞・作曲:逹瑯)

脚注[編集]

  1. ^ MUCC インタビュー 激ロック
  2. ^ インタビュー】逹瑯&ミヤ [MUCC、「世に出るタイミングをずっと待っていた曲がある」]

関連項目[編集]