士別剣淵インターチェンジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
士別剣淵インターチェンジ
所属路線 E5 道央自動車道
IC番号 48
料金所番号 05-114
本線標識の表記 Japanese National Route Sign 0040.svg 士別 剣淵
起点からの距離 171.1 km(札幌JCT起点)
和寒IC (16.0 km)
(12.0 km) 多寄IC(事業中)
接続する一般道
Japanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 6.svgJapanese Route Sign Number 1.svg
北海道道1161号標識
北海道道1161号士別剣淵インター線
供用開始日 2003年平成15年)10月4日
通行台数 2,120台/日(2008年6月度)
所在地 098-0342
北海道上川郡剣淵町藤本町528-1
テンプレートを表示
本線料金所。「日本最北の料金所」の文字が見える。

士別剣淵インターチェンジ(しべつけんぶちインターチェンジ)は、北海道上川郡剣淵町藤本町にある道央自動車道インターチェンジ (IC)。士別市との境界に位置している。

東日本高速道路(NEXCO 東日本)管轄区間の最終ICとなり、本線上に士別剣淵本線料金所(日本最北の料金所)が設置されている。当IC以北は国土交通省北海道開発局の管轄(無料区間)となる予定[1]

歴史[編集]

移設前の旧料金所

接続する道路[編集]

[編集]

E5 道央自動車道
(47) 和寒IC - (48) 士別剣淵IC - 多寄IC(仮称)(事業中)

出典[編集]

[ヘルプ]

[編集]

  1. ^ ハイウェイウォーカー北海道版2018年11月号においては従来の番号が記載[6]、2018年12月号では新しい番号が記載されている[7]

出典[編集]

関連項目[編集]