売らいでか!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

売らいでか!』(うらいでか)は、岸宏子小説『ある開花』を花登筺が演劇化した作品である。

内容・概要[編集]

神代家は伊賀上野で一番の富豪で資産家。その神代家の当主・里子は、2回夫に先立たれている未亡人。里子は3回目の結婚はしないものの、淋しく不満な日々を送っていた。副支配人の石上弘はそんな里子に、お抱え運転手の山内杉雄を当てて、ホテル経営など観光事業に乗り出そうとしている神代産業を牛耳ろうとした。里子が杉雄を寝取ったのを知った杉雄の妻・なつ枝も、夫に見切りを付ける形で「夫を五十万円で買ってくれ」とねじ込んだ。

1968年に映画化、翌1969年にテレビドラマ化された。映画版・ドラマ版ともに、フランキー堺が山内杉雄役を務めている。舞台上演も繰り返し行われており、21世紀に入ってからも日本各地で公演が行われている。

映画版[編集]

喜劇 “夫”売ります!!
監督 瀬川昌治
脚本 池上金男
瀬川昌治
原作 岸宏子『ある開花』(墨水書房刊)
花登筐
出演者 フランキー堺
佐久間良子
森光子
安芸秀子
芦屋小雁
多々良純
川崎敬三
音楽 木下忠司
撮影 山沢義一
編集 祖田富美夫
配給 東映
公開 日本の旗 1968年11月9日
上映時間 92分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

喜劇 “夫”売ります!!』のタイトルで1968年11月9日に公開。制作・配給は東映

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

テレビドラマ版[編集]

売らいでか!
ジャンル テレビドラマ
原作 岸宏子『ある開花』(墨水書房刊)
脚本 花登筺
演出 小泉勲
出演者 フランキー堺
草笛光子
浜木綿子
大村崑
小林勝彦
製作
制作 よみうりテレビ
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1969年7月2日 - 1969年9月24日
放送時間 水曜 21:30 - 22:26
放送分 56分
回数 13

1969年7月2日から同年9月24日まで日本テレビ系列局で放送。製作担当はよみうりテレビ(テロップ上では「制作」表記)。全13話。

放送時間は毎週水曜 21:30 - 22:26 (日本標準時)で、この時間帯においては『道頓堀』と『ややととさん』に続く花登筐シナリオ作品となった。撮影にはモノクロ16mmフィルムを使用した。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

  • 原作:岸宏子『ある開花』(墨水書房刊)
  • 脚本:花登筐
  • 演出:小泉勲
  • 制作:よみうりテレビ
日本テレビ系列 水曜21:30枠
前番組 番組名 次番組
ややととさん
(1969年4月2日 - 1969年6月25日)
売らいでか!
(1969年7月2日 - 1969年9月24日)
ヤマハトップミュージック
※21:30 - 22:00
【土曜21:30枠から移動】
ニッポン列島探検
(1969年10月22日 - 1970年3月25日)
※22:00 - 22:26

舞台版[編集]

東宝により、『新版 喜劇 売らいでか! -亭主売ります-』と題して公演されている。公演は、中日劇場博多座シアター1010など日本各地の劇場や文化施設で行われている[1][2]

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

  • 原作:岸宏子「ある開花」より
  • 潤色:野田昌志
  • 脚本:花登筐
  • 監修:楠美昌
  • 演出:池田政之
  • プロデューサー:細川潤一(2017年公演)[2]
  • 製作:東宝

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 喜劇 売らいでか!|中日劇場”. 中日劇場. 2016年3月4日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2017年3月15日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g 東宝製作公演『新版 喜劇 売らいでか!―亭主売ります―』(主演・浜木綿子)”. 東宝. 2017年3月15日閲覧。

参考文献[編集]