売市 (八戸市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
日本 > 青森県 > 八戸市 > 売市 (八戸市)
売市
売市の位置(青森県内)
売市
売市
売市の位置
座標: 北緯40度30分55.08秒 東経141度29分8.4秒 / 北緯40.5153000度 東経141.485667度 / 40.5153000; 141.485667
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Aomori Prefecture.svg 青森県
市町村 Flag of Hachinohe, Aomori.svg 八戸市
人口 (2017年(平成29年)4月30日現在)[1]
 - 計 5,814人
等時帯 日本標準時 (UTC+9)
郵便番号 031-0073
市外局番 0178[2]
ナンバープレート 八戸

売市(うるいち)は、青森県八戸市地名のひとつ。売市1丁目から4丁目まであり、そのほかにも11の小字がある。中心市街地から程近い地域。

概要[編集]

八戸市の中央部に位置し、馬淵川下流の右岸の地区である。売市は1丁目から4丁目まで住所表示がされている西側と、長根を挟み、東側に小字の小侍、観音下、鴨ケ池地区がある。

売市1丁目から4丁目までの地区は、北に大橋が架かり、長苗代地区があり、東に長根、長根総合運動公園、南、西に根城が位置し、地区の中心を北西に国道104号が横断している。

小字の小待、観音下、鴨ケ池地区は北に城下、東に内丸、南に長根総合運動公園、西に長根が面している。 最寄の鉄道駅は本八戸駅である。

地名の由来[編集]

売市の由来は、植物のウルイオオバギボウシ)という説もあるが、詳しいことは分かっていない。 江戸時代には、売市の南側を荒谷と呼んでいたとされ、地内には「人まね こまね 荒谷のきつね 粕けで ぼんだぜ」という民謡が残っているとされる。(三戸郡誌)[3]

世帯数と人口[編集]

2017年(平成29年)4月30日現在の世帯数と人口は以下の通りである[1]

丁目小字 世帯数 人口
一丁目 423世帯 845人
二丁目 230世帯 501人
三丁目 309世帯 694人
四丁目 343世帯 768人
鴨ケ池 314世帯 634人
観音下 324世帯 541人
輿遊下 1世帯 1人
小待 384世帯 829人
新坂平 45世帯 103人
長根 77世帯 168人
長根平 127世帯 270人
馬場河原 22世帯 47人
左水門下 121世帯 229人
右水門下 113世帯 181人
1世帯 3人
2,834世帯 5,814人

歴史[編集]

  • 元和4年(1616年)の知行目録に「六拾六石弐斗六升五合 長苗代、売市」とあり、藩政当初は盛岡藩に属し、根状南部氏に仕えていた。
  • 正保4年(1647年)の南部領内総絵図によると、売市村228石の記録が残っている。
    • この年の郷村帳によると、228石の73%にあたる168石が田であると記述がる。
  • 明治元年(1868年)の「新撰陸奥国誌」によると、「家数88軒(中略)八戸市に近けれは貴属の邸宅等ありて、民居聊整り。然しも畑多けれども水田じゃ少なく(中略)麦と粟を殖へし」と記録がある。
  • 平成30年 (2018年)2月10日 - 住居表示を実施。一部が長根3~4丁目に変更。[4]

産業[編集]

工業[編集]

  • 日東プラスチック

商業[編集]

  • しまむら
  • 薬王堂八戸長根店
  • マエダストア売市店

銀行[編集]

公的機関[編集]

  • 売市交番

教育機関[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 八戸市 (2017年4月30日). “八戸市人口データ(平成29年度)” (日本語). 八戸市. 2017年6月1日閲覧。
  2. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2017年5月29日閲覧。
  3. ^ 角川日本地名大辞典編纂委員会 (1985)「角川日本地名大辞典 青森県」角川書店 pp169
  4. ^ 売市第二地区及び田向地区の住居表示実施について”. 八戸市. 2018年10月2日閲覧。