売文社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
売文社の会員

売文社(ばいぶんしゃ、1910年(明治43)12月31日 - 1919年(大正8)3月)は、赤旗事件の刑期を終えて出獄した堺利彦が、大逆事件幸徳事件)後の「社会主義冬の時代」に生活費を稼ぎ、同時に、全国の社会主義者間の連絡を維持・確保するために設立した、代筆・文章代理を業とする団体。社長は堺が務めた[1]

大杉栄荒畑寒村高畠素之山川均・橋浦時雄・和田久太郎白柳秀湖山口孤剣などが参加した。機関誌に『へちまの花』と、それを改題した『新社会』がある。

出典[編集]

  1. ^ 『売文集』「序(売文社の記)」堺利彦全集第4巻、法律文化社、1971年

参照[編集]

  • 川口武彦『日本マルクス主義の源流-堺利彦と山川均』、ありえす書房、1983年4月
  • 川口武彦『堺利彦の生涯』下、社会主義協会出版局、1993年2月