売渡担保

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索

売渡担保うりわたしたんぽ)とは、日本の民法典に規定のない担保の一つ。

担保の目的物を債権者(目的物の買主)へ売り渡し、一定期間内に代金を返済すれば、債務者(目的物の売主)はこれの返還を受けられる。売渡の時点で、一度、両者の債権関係が消滅する点が売渡担保の特徴である。法的には、元の契約解除買戻)または再売買の一方の予約として構成される。経済的効果は譲渡担保と同様であり、そちらの方が合理的で、多く用いられている。

もっと見る

「売渡担保」のQ&A