変電所集中制御装置

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内, 検索

変電所集中制御装置(へんでんしょしゅうちゅうせいぎょそうち、CSC Centralized Substation Control)とは、東海道新幹線の電力を25,000ボルトに変換するシステム。

概要

東京中部関西の各電力会社及びJR東日本の各変電所から供給される電力三相77,000ボルト、154,000ボルトの電気を専用の送電線により受電し単相25,000ボルトに変換する仕組みである。

今日は何の日(8月18日

もっと見る

「変電所集中制御装置」のQ&A