夏から夏まで

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
夏から夏まで
オフコースシングル
初出アルバム『IT'S ALL RIGHT OFF COURSE SELECTION III 1984-1987
B面 ぜんまいじかけの嘘
リリース
規格 EP
録音 1985年7月31日-8月8日
ジャンル ポップス
ロック
レーベル FUNHOUSE
EP:07FA-1055
作詞・作曲 小田和正(夏から夏まで)
秋元康 / 松尾一彦(ぜんまいじかけの嘘)
プロデュース オフコース
チャート最高順位
  • 週間9位(オリコン
  • 1985年10月度月間20位(オリコン)
  • 1985年度年間181位(オリコン)
  • 登場回数7回(オリコン)
オフコース シングル 年表
たそがれ
1985年
夏から夏まで
(1985年)
ENDLESS NIGHTS
(1985年)
IT'S ALL RIGHT OFF COURSE SELECTION III 1984-1987 収録曲
  1. IT'S ALL RIGHT (ANYTHING FOR YOU)
  2. 君が、嘘を、ついた
  3. 夏の日
  4. 君の倖せを祈れない
  5. 緑の日々
  6. call
  7. たそがれ
  8. LAST NIGHT
  9. 夏から夏まで
  10. ぜんまいじかけの嘘
  11. 時代のかたすみで(せめて、今だけ)
テンプレートを表示

夏から夏まで」(なつからなつまで)は、1985年9月21日に発売されたオフコース通算30枚目のシングル

解説[編集]

「夏から夏まで」は、オリジナル・アルバムには未収録で、ベスト・アルバムIT'S ALL RIGHT OFF COURSE SELECTION III 1984-1987[1]に収録されたが、エンディングの繰り返しが編集で1回少なくなっている。この曲が制作された経緯について小田は「いつ決めたかは覚えてないけど、ステージやっててね、もう一曲くらいノレる曲があってもいいんじゃないかって思ったの。そうすると、ツアーの前半に来てくれた人はその曲は聴けないけど、次のツアーに来てくれる人が楽しみにしてくれたらいいなとも思ったし。そんなことで、急だけどシングル作ったらどうだろうって、みんなに提案したのね。そしたら、メンバーもみんなやろうっていうことで」と、1985年秋のファンクラブ会報用のインタビューで答えている。レコーディングはツアーの中休みにあたる8月中に行われた。

“リズムがあって新しい感じの曲を”というテーマで小田と松尾が作ったのが「夏から夏まで」、「ぜんまいじかけの嘘」だった。レコーディングでは1985年のコンサートツアーにサポートで参加していた西平彰がキーボード・パートの大部分を担当している。両曲は、8月30日大阪城ホールでのステージから演奏メニューに加えられた。

「ぜんまいじかけの嘘」もオリジナルアルバム未収録曲で、ベスト・アルバム『IT'S ALL RIGHT』[1]に収録された。作詞を担当した秋元康はこの曲の歌詞について「『2度目の夏』を書いた時は、今までのオフコースの作品をかなり意識して書いたんです。でも結局、僕がそれをやっても違うんじゃないかと思って。だから『LAST NIGHT』や『ぜんまいじかけの嘘』はオフコースとはかなり違うパターンで書いたわけ」「たとえばオフコースのサウンドに特殊な楽器を取り入れてみよう、というときがあるわけで、その楽器が秋元康っていう作詞だったというだけだと思うんだ。だから、そういう風に考える様になってから、オフコースってことを全然考えないで作っている。それで、新しい面が出てきたっていわれたら、一番うれしいね」と、同じく1985年秋のファンクラブ会報用のインタビューで答えている。最後のツアーとなった“STILL a long way to go OFF COURSE CONCERT TOUR 88-89”ではこの曲の演奏時にイントロ、間奏部、エンディングの計3回、スクリーンに鉄腕アトムが水をくぐり、空を飛び回るシーンが映された[2]

収録曲[編集]

SIDE A[編集]

  1. 夏から夏まで
    作詞・作曲 : 小田和正、編曲 : オフコース

SIDE B[編集]

  1. ぜんまいじかけの嘘
    作詞 : 秋元康、作曲 : 松尾一彦、編曲 : オフコース

スタッフ[編集]

脚注[編集]