夏の憂鬱

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
本来の表記は「夏の憂鬱 [time to say good-bye]」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。
夏の憂鬱 [time to say good-bye]
L'Arc〜en〜Cielシングル
初出アルバム『heavenly』(原曲)、
The Best of L'Arc〜en〜Ciel 1994-1998
B面 あなたのために
リリース
規格 8cmシングル
12cmシングル(再発)
ジャンル ポップス
ロック
時間
レーベル Ki/oon Sony Records
作詞・作曲 hyde (作詞)
ken (作曲)
プロデュース L'Arc〜en〜Ciel
西平彰
チャート最高順位
  • 15位(オリコン
  • 15位(再発盤・オリコン)
  • 登場回数10回(オリコン)
L'Arc〜en〜Ciel シングル 年表
Vivid Colors
1995年
夏の憂鬱 [time to say good-bye]
(1995年)
風にきえないで
1996年
heavenly 収録曲
C'est La Vie
(6)
夏の憂鬱
(7)
Cureless
(8)
The Best of L'Arc〜en〜Ciel 1994-1998 収録曲
and She Said
(4)
夏の憂鬱 [time to say good-bye]
(5)
風にきえないで
(6)
ミュージックビデオ
夏の憂鬱 [time to say good-bye] - YouTube
(※) YouTube Music Premium限定
テンプレートを表示

夏の憂鬱 [time to say good-bye]」(なつのゆううつ タイム・トゥ・セイ・グッドバイ)は、日本のロックバンドL'Arc〜en〜Cielの3作目のシングル。1995年10月21日発売。発売元はKi/oon Sony Records

解説[編集]

1995年9月1日に発売された3rdアルバム『heavenly』に収録された「夏の憂鬱」をリアレンジしてリカットされたシングル。リカットシングルのリリースは1stシングル「Blurry Eyes」以来2作目となる。

前作に続き、西平彰をアレンジャーとして迎えた作品。表題曲「夏の憂鬱 [time to say good-bye]」は、アルバム『heavenly』ではセルフアレンジだったものを共同でリアレンジしている。このバージョンはオリジナルアルバムには収録されておらず、2003年に発売されたベストアルバムThe Best of L'Arc〜en〜Ciel 1994-1998』においてアルバム初収録となった(海外では韓国盤の『Clicked Singles Best 13』に既に収録されていた)。

本作リリースにあたって、1995年12月23日~25日にとしまえんとのタイアップイベントが企画された。期間中に本作のジャケットを持参した者は入場無料となり、先着2万名にメモリアルカードがプレゼントされた。園内では特設シアターにてスペシャルビデオが上映された[1]。また、12月24日には同シアターにて、当時メンバーがパーソナリティを務めていたNACK5MIDNIGHT ROCK CITY」の公開録音が行われた。

収録曲[編集]

  1. 夏の憂鬱 [time to say good-bye]
    TBS系番組『M-Navi』エンディングテーマ。
    kenがアコースティック・ギターを弾いている時にイメージが生まれた曲で、ken曰く「東京ベイNKホール周辺のトロピカルな風景というか、夕焼けや海なんかが頭のどこかにあった[2]」という。制作途中でアコースティック・ギターの部分をエレクトリック・ギターに差し替える案があったが、kenは「最終的に生ギターに落ち着いた。そこにいろいろオブリガードを足していったっていう感じの作り方です[2]」と述べている。また、hyde曰く、kenから制作にあたり「山口百恵の「いい日旅立ち」のような雰囲気にしたいんだ[2]」いう話があったという。
    また、楽曲全体を通して、3rdアルバム『heavenly』に収録された原曲から以下のような構成変更やリアレンジがなされている。
    (1) イントロを歌メロから始まる構成に変更
    (2) 原曲には無かったサビを追加
    (3) Cメロの構成を長尺に変更
    (4) メロディの追加や、構成の変更に伴う歌詞の一部変更
    2006年に行われたライブ「15th L'Anniversary Live」演奏曲目リクエスト投票で11位を記録し、同ライブでライブツアー「BIG CITY NIGHTS ROUND AROUND '96」以来約10年振りに演奏された。後に行われたホールツアー「Are you ready? 2007 またハートに火をつけろ!」の一部公演での演奏をきっかけに、近年では「20th L'Anniversary LIVE」や「20th L'Anniversary WORLD TOUR 2012 THE FINAL」の国立競技場公演などで定期的に演奏されるようになった。
  2. あなたのために
    • 作詞:hyde / 作曲:ken / 編曲:L'Arc〜en〜Ciel & Akira Nishihira
    インディーズ時代の1993年8月1日日清パワーステーションで行われたライブ「Close by DUNE FINAL」において演奏されていた楽曲。
    上記ライブでは「too...」という曲名で披露されていたが、後に「too glare」という曲名に変更された。本作収録にあたりアレンジ変更に合わせ曲名が再度変更された。
    ちなみに、この曲に入っている女性のバックコーラスおよび台詞は、シンガーソングライターRINAによるものである。
  3. 夏の憂鬱 [time to say good-bye] (Voiceless Version)

参加ミュージシャン[編集]

収録アルバム[編集]

オリジナルアルバム
ベストアルバム

脚注[編集]

  1. ^ L'Arc〜en〜Ciel Biography 1995 - L'Arc〜en〜Ciel
  2. ^ a b c 『ロッキンf』、p.7、立東社、1995年9月号付録