夏の日の午後

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
夏の日の午後
岡村孝子シングル
初出アルバム『私の中の微風
B面 美辞麗句
リリース
規格 レコードシングル
ジャンル J-POP
時間
レーベル ファンハウス
作詞・作曲 岡村孝子
プロデュース Takako Okamura & Yukio Hiasa
チャート最高順位
岡村孝子 シングル 年表
はぐれそうな天使
(1986年)
夏の日の午後
(1986年)
夢をあきらめないで
1987年
テンプレートを表示

夏の日の午後」(なつのひのごご)は、岡村孝子の通算4枚目のシングル1986年7月23日発売。発売元はファンハウス(現・ソニー・ミュージックレーベルズ)。

解説[編集]

2枚目のアルバム『私の中の微風』と同日に発売されたシングル。カップリング曲と共にアルバムに収録されている。

表題曲は、TBS系ドラマ『恋とオムレツ』(18年・40作続いたTBSテレビ小説シリーズの最終作品)の主題歌に起用された。

3枚目のアルバム『liberté』(1987年7月5日)に「秋の日の夕暮れ」が、4枚目のアルバム『SOLEIL』(1988年7月1日リリース)に「クリスマスの夜」が収録されているが、この2曲は「夏の日の午後」と姉妹関係にあり[1]、いずれもロ長調で作曲されている。

収録曲[編集]

  1. 夏の日の午後 (4:49)
    TBS系ドラマ『恋とオムレツ』主題歌
  2. 美辞麗句 (5:23)
    • 作詞・作曲: 岡村孝子 、編曲: 田代修二

収録作品[編集]

カヴァー[編集]

  • 川越美和……「夏の日の午後」のカヴァーを発表。

脚注[編集]

  1. ^ このほか「春はあけぼの」という曲目も構想されていた。5枚目のアルバム『Eau Du Ciel (天の水)』に収録された「ジュ・テーム」がそれにあたる(ラジオ番組『4ウェイ・ミュージックストリート』にて本人談)。
  2. ^ 『夏の日の午後』は、他に収録のバージョンとはエンディングとリピートの間奏が異なる。アナログ盤には、「REMIX VERSION」と明記されている。このバージョンは、他のどのアルバムにも収録されておらず、このシングルCDもしくはアナログ盤でしか聴くことができない。