夏亜矢子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

夏 亜矢子(なつ あやこ、1月21日生)とは元宝塚歌劇団花組主演娘役クラスの女優である。愛知県名古屋市出身。金城学院高等学校出身。宝塚歌劇団時代の公称身長は158cm。宝塚歌劇団時代の愛称はナカちゃん。

略歴[編集]

1955年42期生として、宝塚歌劇団に入団。宝塚入団時の成績は36人中29位[1]。初舞台公演の演目は花組公演『春の踊り[1]』。

1956年星組[1]に配属され、のちに花組[1]異動。

1964年4月29日[1]、宝塚歌劇団を退団。最終出演公演の演目[1]は花組公演『いろはにほへと[要曖昧さ回避]/ラテン・アメリカ』である。

宝塚歌劇団時代の主な舞台[編集]

  • 『私のアンジェラ』(星組)(1956年9月1日 - 9月30日、宝塚大劇場
  • 『淀君』『花の中の子供たち』(花組)(1958年3月26日 - 4月29日、宝塚大劇場)
  • 『わらべ唄風土記』『燃える氷河』(花組)(1960年2月3日 - 2月28日、宝塚大劇場)
  • 『阿波踊り(わらべ唄風土記)』『東京の空の下』(花組)(1960年6月1日 - 6月29日、宝塚大劇場)
  • 『狐と雨と花』『ショウ・イズ・オン』(花組)(1960年11月1日 - 11月30日、宝塚大劇場)
  • 『世はかげろうの物語』『ポニイ・レディー』(花組)(1961年3月1日 - 3月21日、宝塚大劇場)
  • 『明日に鐘は鳴る』(花・月組)(1961年11月29日 - 12月27日、新芸劇場)
  • 『おみね太鼓』『哀愁の巴里』(花組)(1962年6月2日 - 7月1日、宝塚大劇場)
  • 『皇帝と魔女』(花組)(1962年8月1日 - 9月2日、宝塚大劇場)
  • 『落日の砂丘』『虹のオルゴール工場』(花組)(1963年7月2日 - 7月31日、宝塚大劇場)
  • 『いろはにほへと』『ラテン・アメリカ』(花組)(1963年10月1日 - 10月29日、宝塚大劇場)
  • 南の哀愁』『これぞ!タカラヅカ』(花組)(1964年1月1日 - 1月28日、新宿コマ劇場

ドラマ出演[編集]

  • 『美わしき誘い』(1957年5月6日 - 1957年5月27日、NHK
  • 『招かれざる客』(1958年11月7日、NHK)
  • 『おばあさん』(1959年2月15日、NHK)
  • 『舞扇』(1960年7月11日、NTV
  • 『御寮人さん』(1960年10月27日、KTV
  • 『虞美人草』(1961年10月5日、NTV)
  • 『月を呼ぶ少女』(1963年5月17日、TBS
  • 『夜の配役』(1963年8月23日、NHK)
  • 『東京の空』(1964年1月15日、NHK)

映画出演[編集]

  • 『女の学校』- 字佐見順子 役(1955年、東宝
  • 『唄祭母恋しぐれ』- お千代 役(1956年、東宝)
  • 五十年目の浮気』- 娘光子 役(1956年、東宝)
  • 世にも面白い男の一生 桂春団治』- お豊 役(1956年、東宝)
  • 『金語楼純情日記 初恋社長』- 八重子の娘C 役(1957年、東宝)
  • 『ますらを派出夫会 粉骨砕身す』- 甚介の娘・洋子 役(1957年、東宝)
  • 『青春航路』- 藤田まり子(高校生) 役(1957年、東宝)
  • 『別れの波止場』- 加津子の妹・秋子 役(1958年、東宝)
  • お父さんはお人好し 家に五男七女あり』- 五女・静子 役(1958年、東宝)
  • 『お父さんはお人好し 花嫁善哉』- 五女・静子 役(1958年、東宝)
  • 『海から来た男』- 小川美津子 役(1959年、東宝)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f 監修:小林公一『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(人物編)』阪急コミュニケーションズ2014年4月1日、54頁。ISBN 9784484146010

関連項目[編集]